東京勤務中に故郷大分で家づくり

大分県Nさん(サポート建築) 2002年建築

【家づくりご計画中のアンケートより】


○家づくりを始められたきっかけ、時期は?
50歳を過ぎたあたりから漠然と「定年後はどうしようか」と考えていましたが、平成7年の夏に大都会より自然の残っている「故郷に戻ろう」と思いたちました。調べてみると土地も建築費も都会より安いようなので、一からの家づくりをしようと、まず土地を購入しました。それから、住宅展示場を見学したり、本を読み始めました。

○PACに決められた最も大きな点は?
機械を使用せずに自然の力で家全体の換気や冷暖房が出来るパッシブソーラーであることと、自然素材に拘って健康住宅に仕上げているところです。
平成7年の頃はまだ健康住宅というものはほんの一部でしか言われてなく、断熱についても今から思うとかなりいい加減なものでした。ソーラーシステム・高気密高断熱住宅などを調べていくうちにPAC住宅を知り、早速説明会に出席しました。前記の住宅が屋根裏などに大きな換気装置を付けて強制換気(計画換気と言っている)を行っているのに対し、PACは太陽熱による上昇気流を利用し、建物の構造により全体の換気と冷暖房を行うということに共感しました。

○建築地と現在のお住まいが離れている状況で家づくりをスタートさせることについては?
基本設計はPACにお伺いして何度も変更を繰り返し何とかまとまりました。これから地元の建築業者と詳細設計などのコミュニケーションがうまくとれるか多少の心配はありますが、FAXやe-mailなどの通信手段が充実してきているので何とかなるのではないかと思っています。もちろん今までのサポート建築の実績から貴社のサポートを信じてのことです。建築が始まったら現地の近くに住んで、家が出来ていく過程を見ながら過ごす予定です。

○サポート建築のしくみについては?
いろいろないい建築方式もいざ建てるとなると都会周辺に限られているものが多く、地方では住宅に対する選択肢が少ない。その中でこのサポート建築方式は地方にも都会周辺と同じ家が建てられるので非常に有難いと思っています。

○その他、お気づきの点は?
地元でのPAC住宅の仕組みを理解してくれる建築業者を探すのが大変でした。すでにPAC住宅を建築した経験のある業者を仲介にした建築業者紹介ネットワークの様なものがあれば、地方でのPAC住宅の建築が現状よりもより易くなると思います。
 

【完成後、後片付けで東京に戻られ、再び大分に戻った時の様子を教えていただきました。】(2002.8)
玄関ドアをあけると玄関ホールは少しムッとした感じ。(引戸を閉めていたためだと思います)
1階廊下、寝室、2階のリビングともムッとした感じはなく、長期間留守にしていたとは思えない程だった。(隣の家は2階には暑くて居られないと言っている)
動き回ったり作業をしたり等汗をかいた時には少しエアコンをかける程度で充分。
又、シーリングファンの「ゆらぎの風」にしておくとなかなか快適で、つけっぱなしで寝ていても大丈夫、エアコンより僕は好きです。 冬も楽しみにしています。
 

【冬も快適です】〈2002.11 Nさんよりe-mail〉
今は大分に来ています。引っ越しの方はなかなかはかどらずのんびりとやっています。
このところ寒い日が続き、明け方は外気が6~7度位の時に室内は17~20度と快適です。
ガスのFFストーブを入れる予定でしたが面倒なのでまだ設置していません。それで夕方から夜にかけ2~3時間と朝しばらくの間エアコンの暖房を使うことと、かみさ んが寒がりなので二畳用のホットカーペットをテーブルの下に敷いて半分だけ使って足下を暖めています。
朝の目覚めの時は躊躇無く布団から出られます。もっとも私は寒さには強いので未だに毛布一枚とシーツ・ベッドカバーくらいで寝ています。
今週また東京に戻るのが寒さに突入するのかとちょっと考えてしまいます。でも頑張って家の整理をしなければ。引っ越しの期限がないのでどうしてものんびりしてしまいます。
上記温度はエアコンにある外気温と室内気温の表示です。
 

【3ヶ月半の留守の後…】 (2003.3 Nさんよりe-mai)
我が家が完成して10ヶ月が過ぎようとしています。その間東京と大分を行き来しながらのんびりと引越をしているため3分の1程度しか住んでいないのですが一応の報告をさせて頂きます。
完成後とりあえず入居したのが昨年6月初めでした。東西南北の何処の窓を開けても風が吹き抜け快適で、雨が降っていても窓を締切っていると外の雨音が聞こえず外出しようとして中止したことがありました。
7月は酷暑が続き夕方から二階の居間に一台だけ取り付けてあるエアコンの冷房を入れましたが、昼間はシーリングファンや扇風機で過せました。シーリングファンをつけて昼寝をするとエアコンより快適です。外出先から帰宅すると二階に比べ一階は若干涼しく感じました。
その後往復して1ヶ月後8月中旬に再び大分に戻ったのですが玄関ドアを開けると玄関ホールは引戸を閉めていた為かムッとした感じでした。でも他の部屋は夏の間1ヶ月締め切って留守をしていたような空気の澱みは感じられませんでした。
11月の初め、明け方や夜は外気が6~7度と寒かったのですが室内は16~20度でした。
ガスのFFストーブを入れる予定にしていますがまだ設置はしていないので夕方から夜にかけ2~3時間と朝しばらくの間エアコンの暖房を使用し、ダイニングテーブルの下に二畳用のホットカーペットを敷いて足下も暖めました。寒がりの家内も足下が暖かいとエアコンを入れなくても寒さを感じないと言っています。
その後再び往復後今年2月下旬に大分へ戻りました。家に入って最初に気付いた事は三ヶ月半もの長い間閉め切っていたのにその様な臭いを全く感じなかったことです。また埃もほとんど無く手でこすって僅かにつく程度でした。当日は天気が良くて外が暖かかったせいか室内は18度でした。その後明け方の外気が0~10度と変化しても室内は10~13度、昼間外が暖かくなっても室内は14~18度と外気との温度差に比べ室内の温度変化が少ないことが解りました。ただこの期間単身の生活で寒さに強い私はほとんど暖房を入れない状態でした。でもゆくゆく冬場はFFストーブを入れる必要があると思っています。引越が完全に終了し生活熱が循環するようになればこの温度差も多少変わるのではないかと思っています。又いずれ報告させて頂くつもりです。 

 

PAC住宅体感&見学できます

PAC住宅体感&見学できます。

資料請求頂いた方へ、書籍&間取り事例満載資料プレゼント

資料請求頂いた方へ、書籍&間取り事例満載資料プレゼント


前のページへ戻る