「仲良くなる家」 9.7坪の中に欲しいモノをいっぱい詰め込みました

国分寺Oさん

建坪9.7坪の中に欲しいモノをいっぱい詰め込んで、
家づくりを成功させたO様の家をたずねました。

間取りでこだわった点はどこですか?

 

奥様:

食べることが好きなので
キッチン中心の家が欲しいと思っていました。

それからリビングとダイニングを分けたい。

和室でしょ、ロフト、吹き抜け、
それから夫のトレーニングスペース。

トイレはふたつ…
玄関に荷物を置いて座れるスペースが欲しい。

私も仕事を持っていて忙しいので
キッチンは機能的で、
家事がスムーズに行える動線であること…などなど。

どれも妥協したくなくて、
わがままをいっぱい言いました。

 

ご主人:

建坪9.7坪に、
よくこれだけの要望を詰め込んだな…って思いますよ。

しかも、狭さを全く感じさせないつくりになってるから、
設計の力ってすごいですね。

 

玄関を入ると、左に畳スペース、
その奥には吹抜けのあるリビング。
正面はオープン階段。
玄関の右側は奥様こだわりのキッチン。
全てが間仕切りのないワンルーム仕様で、
広々とした印象です。

 

 

 

ご主人: 

特に階段が傑作なんですよ。

木の組み方だけで強度を保っているこの階段は
職人の腕が良くないとできない。

お客様はこの階段を見ると
「おおおー!」って言いますね。

この階段を見てるだけでも、
エアサイクルハウジング㈱で
家を建てて良かったな…って思います。

 

 

 

 

 

 

 

エアサイクルハウジング㈱を選んだ理由は何ですか?

ご主人:

僕は、もともと家に関しては、
妻に任せていて
特にこだわりもなかったんですけど

妻に連れられて、
いろんなところに見学に行って、
少しづつ知識もついてきて、
僕なりに感じるようになりました。

自然素材と化学物質の違いが
分かるようになったというより、
うそっぽい会社とか、
売ることだけが目的の会社が
分かるようになりましたね。

 

奥様:

自然素材が表面だけという業者さんが
多かったですね。
自然素材にこだわっています…という会社は
なかなかなかったですね。

 

ご主人:

それに、
フルオーダーっていいながら、
型っていうか、ひとつのフォーマットみたいのがあるのが
ほとんどですよね。

エアサイクルハウジングみたいに
ひとつとして同じ家がない…っていうのは
珍しいですよね。

どの施主さんも、皆さん、それぞれ好き放題作ってる。笑

 

見学に行かせてもらった家が、
すごく涼しかったのが印象に残ってます。

見学した日は、ものすごく暑い日だったんですけど、
関西の夏って暑いんですよ、
だけど、あの家は涼しかった。

天井が高くて、
梁がむき出しで、
印象的で気にったんですよね。

住んでる人も、その家にとても満足してる…というのが
伝わって来たし。

 

 

 

この家に住んで何か変化はありますか?

ご主人:

尼崎で住んでいた社宅は、
寒いし結露してカビだらけだし。

広さはあったけど個室が多く、
ドアを閉めると
それぞれの空間がシャットアウトされて、
家族がバラバラだったな…って思いますね。

 

奥様:

息子が当時中学二年生で、
反抗期だったこともあって、
家族が集まるってことがなかったですね。

 

ご主人:

この家は、廊下がない間取りで、
一階から二階、ロフトまで筒抜けで、
間仕切りもほとんどないので、
隠し事ができない 笑。

 

奥様:

家族のコミュニケーションが
取れるようになって、
一緒の空間で過ごすことが多くなりましたね。

ケンカすることも少なくなりました。
ケンカしたとしても引きずらないですし。

大学生になった息子の部屋の扉は
開いてることの方が多いですね。

 

息子がこの家にずっと住みたい…と言ってるんです。
私たちが死んだ後も、この家に住みたいと。

まあ、結婚相手と相談して、
使いにくいなと思うところは
リフォームしてもいいからね…と言ったら、

そんなこと言う人は
選ばないから大丈夫って笑。

息子もこの家が大好きなんだな…って嬉しく思います。

 

私は、「家」という建物だけじゃなく、
ずっといたいと思う場所、
幸せな場所を手に入れたと思っています。

 

取材・文 正田純子

 

 

 

機械設備を用いずに自然の風や太陽熱などの自然エネルギーを活用し、住む人の健康と建物そのものの健康を同時に実現することを目指す「パッシブエアサイクル(PAC)工法」。 日本初の外張り断熱によって、躯体内(壁の中)に自然な空気を循環させることを実現。家の中の温度差をなくし、夏も冬も心地よく暮らせるシステムです。 この「パッシブエアサイクル(PAC)工法」に加えて、通風や断熱、日射遮蔽を工夫したパッシブデザインの間取りを提案し、自然素材を活かした家づくりを続けています。

 

 

 

 

 

 


PACご入居の皆様へ

PAC住宅体感&見学できます。

資料請求頂いた方へ、書籍&間取り事例満載資料プレゼント

資料請求頂いた方へ、書籍&間取り事例満載資料プレゼント


前のページへ戻る