家は性能で選ぶ

東京都八王子市 Kさん

家族構成 夫・妻・両親

 

木の性能

たくさんの家を見に行って「木の家の気持ち良さ」に気づいたので
集成材とか合板プリントじゃない「無垢の木」で家をつくりたいと思いました。

無垢の木には「調湿性」があるんですよね。
​湿気を吸うんだけど、だからといって部屋がカラカラに乾いてしまうんじゃなくて、適度に湿気を出してる感じがします。

冬に鍋料理をすると、マンションの時は窓に結露して湿度計の数字がどんどん上がっていったんだけど、ここでは鍋をやっても数字が上がらない。きが湿気を吸うんだろうね。湿度計は30%台表示するから乾燥してるのかなって思うけど、僕の感覚では乾燥している感じは全くないですね。朝起きて、のどが痛くなるなんてこともないし。湿度計には測れない快適さがあるんですよ。人が住むのにちょうどいい感じにしてくれるんですね。それは「無垢の木の性能」だと思う。

 

断熱性能

家づくりでこだわったのは、断熱性能。

実家は私が中学生のころに建てたんですが、断熱材がないような寒い家だったんです。
結婚して高尾のマンションに引っ越したら同じ高尾なのにマンションは寒くない。
断熱とか建物の構造でこの寒さっていうのは本当はしのげるんだってことがね、わかったわけですよ。

20年前に家づくりを検討し始めたときには、もう断熱っていうのは当たり前になってたけど
​家が暖かいよっていう人はあんまりいなくて。ここは東京の中ではとびっきり寒いから、そんなんじゃだめだろうって思ってたんですよ。
それで、断熱材のことを色々調べて「外張り断熱」にたどり着きました。「どうして外張り断熱は断熱性能が高いの?」って話を聞いたら、普通の断熱方法の性能の低さが良くわかりましたよ。
それからPAC工法を知って、ただ断熱するだけじゃダメなんだってことを知りました。
高尾は真冬にはマイナス5度になることもあるんだけど、断熱材と熱循環のおかげで、家のどこにいても寒くない。廊下でも階段でもトイレでも、家のどこにいても寒くないっていうのは、本当に楽ですよ。だからね、家は性能で選ぶべきだと思うんです。

 

 

 

コーヒーの実がなった

我が家でね、コーヒーの木に実がついたんですよ。カフェのオーナーがいろんなお客さんに苗を配ったそうなんだけど、成長したのは我が家だけだったって。カフェのお客さんたちが寒さに弱いコーヒーの木が育つなんてどんな家なんだ…って驚いていましたよ。僕としては、その実を焙煎して飲みたかったんだけど、カフェのオーナーは記念にとっておくって(笑)。

 

 

 

 

 

機械設備を用いずに自然の風や太陽熱などの自然エネルギーを活用し、住む人の健康と建物そのものの健康を同時に実現することを目指す「パッシブエアサイクル(PAC)工法」。 日本初の外張り断熱によって、躯体内(壁の中)に自然な空気を循環させることを実現。家の中の温度差をなくし、夏も冬も心地よく暮らせるシステムです。 この「パッシブエアサイクル(PAC)工法」に加えて、通風や断熱、日射遮蔽を工夫したパッシブデザインの間取りを提案し、自然素材を活かした家づくりを続けています。


PACご入居の皆様へ

PAC住宅体感&見学できます。

資料請求頂いた方へ、書籍&間取り事例満載資料プレゼント

資料請求頂いた方へ、書籍&間取り事例満載資料プレゼント


前のページへ戻る