HOME >> 強さ >> 地震について

地震について

PAC住宅は木造ですが、地震には強いのですか?

PAC住宅は、日本の木の家、在来軸組工法を前提にしていますが、地震に対しては2×4や鉄骨、コンクリートの家の方が強いのではないでしょうか?

まず、地震に対しては単純にどの建て方が強いとか弱いとは言えません。どんな工法を選んでも、1棟ごとの設計と施工によって強くも弱くもなってしまうからです。

木造住宅だから地震に弱いわけではありません。設計バランスが悪い、施工が不適切であるから地震に弱くなってしまうのです。

当然、コンクリートでも鉄骨でも地震に弱い家はいくらでもあります。
地震に対しても、肝心なのは工法の選択ではなく、設計者や工務店の選択ということになります。
ご質問にありますように、PAC住宅は木造住宅それも日本の木の家である在来軸組工法を大前提にしています。
ここでは多くを語りませんが、それは湿気の多い気候風土を考えれば当然の事です。
では、その木造住宅を前提として地震に強い家を造るにはどうしたらいいかを考えていきましょう。

普通、家を設計するとき間取りから考えていきませんか?

1階はこう、2階はこうと。
実は、これが間違いのもとなのです。間取りだけ一所懸命に考えてすすめてしまうと、結果として地震に弱い家になってしまうことは非常に多くあります。
在来軸組工法は非常に融通性の高い工法で、極端に言えば、どんな間取りの家でも建てられてしまいます。素人が、間取り以外のこと、例えば構造のことなど何も考えないで書いた図で建てろといっても建築することができる程、柔軟性があります。
これは在来工法の一種の長所なのですが、長所もいきすぎると欠点になってしまいます。
現実に、個人住宅を設計することを本業としている設計者でも、木造住宅の建て方、特に、木の組み方などを詳しく知っている人ばかりではありません。実際は、構造のことなどは大工さんまかせで、あまり考えずに設計していることの方が多いといっても過言ではないでしよう。それでも立派に家が建つのは、この在来軸組工法のもつ柔軟性のおかげです。
しかし見かけ上、家が完成してもその家は地震に弱いのかもしれません。
 
元来、日本の木の家は、柱や梁の組み合わせである木組みで強さを保ちます。一方、北米の木の家であるツーバイフォーは壁で強さを保ちます。
軸組とは木組みからきた言葉で、土台や柱、梁で構成するということです。ツーバイは壁工法で壁が強さの基準です。
日本の家が、開口部を多くとれるのは柱や梁の構成で強さが出せるからこそなのです。一方、壁頼みの工法では、当然開口部を大きくとるわけにはいかないのです。
どちらが良いとか悪いではなく、発祥と発展の原点や原則が違うものなのです。
それが最近の軸組工法では、あまりにも安易にごちゃ混ぜにしてしまっています。
軸組でしっかりとしたバランスと強さをとることが原則の日本の木の家に、バランスをあまり考えることなく、ただ構造用合板を張ればいい、パネルを柱と柱の間に入れればいいと言った安易な風潮が多すぎるような気がします。
軸組工法の原則を活かした上での合板やパネルの利用であればまだしもなのですが、実際は原則軽視でのことがほとんどでしよう。設計者が、軸組の基本構造をますます考えなくなってしまう悪循環をつくりだしていると言えます。

軸組工法の基本的原則

一言で表せば、柱と梁の配置で平面的強度のバランスがとれ、なおかつ、立面的すなわち1階と2階のバランスが同時にとれていることです。
平面的に見て1階もOK、2階もOKとなっても、立面的すなわち1階と2階のバランスがとれているとは限りません。
1階の構造の上に2階の構造がのることが基本的な大原則なのです。
そして、実際に多くの家が、この1階と2階の構造がずれています。
間取りを考える時に、1階と2階の構造の一致など全く考慮にいれないまましているのが、現在の一般的な事実です。
それでも、何とか問題が表面にでないのは軸組工法の融通性、柔軟性をベースに金物や構造用合板などで補強しているからと言えます。
本来の軸組の強さは失われている訳です。
1階と2階の構造の一致を原則として間取りをすれば、軸組が根本的に有する強さを活かすことができます。それを前提での金物であり合板であるならばという思いです。

PACの効果は、地震に強い設計をすればする程高くなる

PAC住宅の効果は、夏も冬も躯体内空間の空気の流れのバランスによります。少し考えていただくと、その空気の流れは内壁空洞に大きく依存していることがお分かりだと思います。
内壁空洞がバランスよく配置されていることなのです。平面的にそして立面的に。
そうです、軸組工法の大原則に則った間取りの仕方を守れば、PACの温熱的効果や湿気に対する効果も大いにアップするのです。
日本の気候風土を考えるとしっかりとした日本の木の家にPAC工法を組み合わせることが長期にわたって地震に強い家を造ると言えるのではないでしょうか。