風通しのいい家をつくるには

健康で、快適な、いい家は、風通しのいい家とも言えます。
PAC住宅(夏モード)は、床下空間や内壁空洞・小屋裏の風通しが効果的に行われますが、同時に、室内側においても、どう上手く風通しを 図るか、風通しをよくするには設計上の工夫が非常に大切です。


「日当たり良好、風通しは最悪」 そんな間取りにご注意

間取りにご注意

2方向引戸にした寝室、共有スペースともオープンにつながり、風通しのいい家。[我孫子の家]

風通しのいい家をつくるには、開口部をどう配するかがポイントとなりますが、これは、間取りと非常に大きく関わってき ます。
開口部が多く、かつ開放的な以前の間取りに比べ、最近は個室化が進み、全体として、風通しの悪い家が多くなっています。 特に、個室を中廊下でつなげた間取りでは、風通しを得ることは難しいのです。

風の通らない間取りの典型としては、2階の子ども部屋を、日当りの良い南面に配したものの、窓が1箇所しかなく、入口 のドアを閉めてしまえば、まったく風が通らないつくりとなっているケース。
間取り上2面以上の窓開口が難しいのであれば、入口を引き戸にし、廊下やホールの窓を介して風が通るようにする方法も 考えられます。このような配慮により居住性は格段に向上するものです。中廊下は風通しを分断するばかりではなく、日差 しもそこでさえぎってしまいますし、家族もバラバラにしてしまう恐れがあります。


「下から入り、上へ抜ける」 風通しが理想的

風通しが理想的

吹抜け2階部分の窓の両端は縦長の開閉可能な窓になっており、1階から2階への風通しをはかる。(勝浦の家)

熱気は高いところにこもりがちなもの。
屋根面の断熱がなく、小屋裏空間の換気が不十分な家の場合、2階の夏の暑さは、耐えがたいものがあります。

2階に熱気がこもりにくくする工夫としては、小屋裏空間の換気と同時に、室内側には吹抜を設けたり、階段室を介して、 1階から2階への風通しを確保する方法が効果的です。

縦に抜ける風通しは非常に有効なものです。


「防犯性と風通し、どちらもかなえたい」そんな声に応えて

「防犯性と風通し、どちらもかなえたい」 声に応えて

「夏の夜、なるべく窓を開け、風通しを図りたいけれど…」「外出時も風通しが図れるようにしておきた い…」よく建主の方から伺うご要望ですが、そのためには防犯性への配慮が欠かせません。
幅が狭く人が入れない大きさの縦長のジャロジー窓や、ブラインドシャッター、ガラリ状の雨戸などは、 風通しと防犯性能、目隠し、雨を入れない等を同時に配慮することができます。

【事例】 縦型の室内換気を徹底した風通しのいい家

敷地の高低差を利用したスキップフロアの家。家の中心にある吹抜の下部と上部に窓を設け、下から上へと煙突状の風の道を計画。 この上下の風通しにより、他の開口部からも風が引っ張られるため、家全体の風通しが非常に良い家となった。

PAC住宅は窓を開けて自然の風が運んでくれる季節の香り、生命の息吹を愉しんでもらえる風通しのいい家づくりを目指しています。
自然の風通しを住まいに上手に生かすため、間取りや窓の配置等、細やかな配慮し設計しています。


間取りを考える

「光と影」そして「風通しと陽あたり」は、日本の住文化のキーワードでした。自然光の美しさがある、風が通る、日差しが奥まで差し込む空間でした。 そういう家は、又、家族の自然のふれあいが豊富でした。現代の間取りは、何か、日本の文化、日本人のよさをどこかに置き忘れてしまったかのよう。本来そなわっていた 本質的よさを現代に生かすには・・・

間取りを考える
前のページへ戻る