リフォーム一覧
シックハウス対策

リフォーム一覧

お困りのことは何ですか?

シックハウス対策にも有効〜 クロスの壁や天井に本物の漆喰を〜

漆喰は、化学物質や匂いの吸着、結露によるカビダニの抑制、静電気が起きないのでホコリも寄せ付けないなど、きわめて高性能な内装材です。
長時間過ごす寝室や子供室、多数の人が出入りするサロンや介護室にもお勧めします。
クロスの上から塗ることができます。壁はもちろん、天井にも可能で実績は多数あります。

但し、合成糊などの入っていない本物の漆喰を選んでください。
混ざりものがあれば本来の吸放湿性能は半減しますし、静電気を帯びてホコリを寄せたりメンテナンス性が悪くなることがあります。 (本物の漆喰資料 ご用意しています)

next 本物の漆喰

安全な素材を使ってシックハウスを改善

シックハウスを改善

化学物質に敏感な方は、ホルムアルデヒド放散等級最上位規格F☆☆☆☆(フォースター)の建材でも、眼や鼻に刺激臭を感じ、頭痛がする、気持ち悪くなるなど過敏に反応してしまうことは珍しくありません。
「F☆☆☆☆」だから大丈夫、という言葉に惑わされず、使用する素材を事前によく確かめてください。 個人差があり自然素材でも反応がでることがあります。

  1. 1. 壁や天井を本物の漆喰、無垢板、エコクロス、和紙に。
  2. 2. 床を無垢板、オーガニック畳などに。フローリングにボンドは使わない。
  3. 3. 家具を安全な素材でつくる。 市販の家具は接着剤に問題がある場合もあります。
  4. 4. シロアリ対策を安全なホウ酸で
  5. 5. 風通しのいい間取りにして有害な成分をできるかぎり排出する
  6. 6. 暖房は床暖房やかくれん房(※PAC専用低温複写暖房)など風の出ないシステムにする。
  7. 7. エアコンは直接風の当たらない位置に。1/f揺らぎのシーリングファンやサーキュレーターを併用

冬暖かく、夏涼しく〜 断熱リフォーム 〜

「冬」のポイントは、家の一部を暖かくすることではなく建物の中から冷たい所をとり除き、家の中すべてを均一に暖めていくことです。 そうすれば18~20℃で充分健康に暮らしていくことができます。 また温度差によるヒートショックもなくなり、ジメジメ感、結露などの湿気の害も防ぐことができます。
「夏、ひと晩中エアコンが必要」、それは建物自体が熱をもち、熱を逃がす術がないためです。 夏涼しく暮らすためのポイントは、建物内部に熱を入れない、風通しをよくする、夜間の涼しさを翌日まで保つ工夫、そして湿度調整です。

断熱リフォーム1 断熱リフォーム2
  1. 1. 断熱補強
    断熱サッシに交換・断熱性能の高いガラスに交換・内窓を設ける
    外壁・屋根・基礎(または床下)を外張り断熱とする

  2. 2. 建物内の温度差をなくす
    床下や内壁空洞、小屋裏空間に流れる空気をつくる
    個室ばかりの間取りを広がり空間にして室内の風通しをよくする

  3. 3. 太陽熱を集めてパッシブソーラーに
    屋根面、外壁面に集熱通気層を設け、太陽熱をとりこむ

  4. 4. 夏涼しく暮らすための日射遮蔽
    日射遮蔽は窓の外側ですることが大原則です。 すだれ、よしず、外付けブラインド、オーニングなど。
    常時開けておける換気窓を設置する不透明ガラスのジャロジー窓などにすれば、雨の浸入や視線も防げます

結露や湿気を取り除く

エアコンや除湿機に頼るだけでは解決しません。
結露対策のポイントは、冷たいところをつくらないこと、そして壁や天井はもちろん、靴箱や押入れなど収納内部にも呼吸する材料を使うことです。

冷たい部位や温度差をなくす

1.冷たい部位や温度差をなくすために

屋根、外壁、基礎(床下)の断熱改修、窓の断熱補強をする
部屋間の温度差がつきにくい広がり空間の間取りにする
床下空間や内壁空洞などに空気が流れるようにする


吸放湿素材を用いる

2.吸放湿素材を用いる

床・壁・天井の下地に調湿性能の高い石膏ボードを使う
床・壁・天井の仕上げに調湿性能の高い自然素材を使う
靴箱や押入れ等の収納内部にも調湿性能の高い自然素材を使う


風通し・換気をよくする

3.風通し・換気をよくする

横の風通しに加え、縦型の自然換気にも充分配慮すること
常時開けておける換気窓をバランスよく設置する

自然の光 トップライト

もっと自然の光や風通しを採り入れたい

天窓(トップライト)を設けて天空からの光を採り入れる
吹き抜けを設けて二階からの光を一階に届ける
ロフトを設けてハイサイド窓を設ける
壁や天井を、漆喰(パターン)にして光を拡散させる
内装の仕上げを明るくする

永く使いやすく〜 オーダーメイドのキッチン 〜

キッチンを暮らしの中心に

「つくる」「食べる」を住まいの中心に置く。
それは一緒に暮らすことの原点だから。
オーダーキッチンは、お客様のご要望に沿ってオリジナル制作いたします。
安心できる材料で、機能的で、メンテナンスが楽。
上質で、永く使い続けられるキッチンをご提案します。
食を大切にする暮らし。
夫婦、家族、時には友人、仲間も加わって、
「つくって、食べて、片付けて」を楽しめる暮らしを、始めませんか。

変化が違う無垢の木

“木のキッチン”と言えども、その材料は様々。
材種の多さもさることながら、同じ材種でも、突板(天然木を薄くシート状にスライスしたもの)と無垢材では風合いや経年変化に歴然とした違いがあります。 アンティークの家具のように、使い込むほど味わいを深め、年月が経つのを楽しみに感じられるのは、無垢材のキッチンだからこそ。
無垢材の表面に塗装されるのは、自然塗料のオイルフィニッシュ。 安全で、木の呼吸を妨げず、経年変化を受け入れてくれる塗料。 お手入れも楽です。
材種はウォールナット、アメリカンブラックチェリー、ナラなどお好みの材種をお選びいただけます。

厚さが違うステンレス

使用するステンレスはシンク部分で1.2mm、天板は1.6mm。 一般のプレス品の厚さは0.7~1mmですから違いがおわかりいただけると思います。
オーダーですから石鹸やスポンジの置場などもお好みの位置に設置できます。 もちろん天板はステンレス以外の素材、石や木、タイルでつくることも可能です。

強さが違う金物

スライドレールなどは耐久性、耐荷重性に優れたドイツ製の金物を使用しています。 引出しの動きがスムーズで、毎日気持ちよくキッチンを使うことができます。 永く使い続けていただける工夫のひとつです。

オーダーキッチン事例 写真

前のページへ戻る