マンション リフォーム事例

きっかけは購入したマンションの臭い。漆喰を塗った後は気にならなくなりました。

東京都 T邸

シックハウス対策にお勧めです!

新築マンションを購入されたTさん。内覧会時に、同居される弟さんにシックハウス症候群の症状が出てしまったのだそうです。
「冬で床暖房していたせいか、建材の臭いがよく揮発していたのでしょう、私は“新しい家ではよくする臭い”と気にしていませんでしたが、弟は気分が悪くなってしまって・・・」
壁紙の変更などリフォームそのものは弟さんの件が起きる前から検討されており、いくつかの会社とやりとりされてましたが、「健康」という視点から弊社へ工事の依頼をいただきました。

リフォームプラン

リフォームの内容
・リビングダイニングと個室2部屋の壁・天井をクロスから本漆喰へ 
・リビングに隣接する個室の間仕切りを撤去して引戸で開放的に
・バルコニーにデッキ施工
・洗面室のドアを内開きから外開きへ


漆喰にしたら新築特有の臭いがなくなりました

「ここは漆喰にしたんだ!という意識がないというか、気にならないです。気にならないでいられることってすごいことですよ。引越し当初は雨の日など湿度が高い時に漆喰材料の匂いがしましたが、それもすぐしなくなりました。
現在もマンションのエレベーターやロビーは新築の臭いがしますし、家の中でも、漆喰を塗っていない靴箱の中やトイレも新築の臭いがするので換気していますが、漆喰をした箇所は臭いが消えています。前のままだったら、まだ臭うかもしれません。
自分たちが以前暮らしていた家なども、新築の臭いが抜けるのに時間がかかった記憶があります。それを思うと、漆喰の臭いの吸着力を感じます。」 

リフォームポイント

  • AFTER

▶漆喰のパターン・色

凹凸がある程、臭いの吸着や吸放湿性機能は高まります。
ここでは色土を混ぜて優しい白にしましたが、色もパターンも漆喰には沢山のバリエーションがあります。

  • AFTER

▶キッチンにはトルコ漆喰タデラクト

キッチンは一部の壁をタデラクト(トルコ漆喰)に。
タデラクトは大理石のようなつるっとした質感で多様な色の仕上げが楽しめます。今回はテラコッタ調にも感じられる明るいオレンジ色に仕上げました。

  • BEFORE
  • AFTER

▶オーダー扉

リビングと個室を仕切る扉をチェリー材の4枚引き戸にしました。開放すれば大きな広がりのある空間になります。

「きれいにつくっていただいて、住まいの価値を加えていただいたんじゃないかと思います。今は引越しの荷物があるため、荷物が視界に入らないように半分だけ開けて使っています。」

  • AFTER

▶替えてよかった!ウッドデッキ

「デッキは最後までお願いしようかどうか悩みましたが、やってよかったです。落ち着いたらガーデンファーニチャーを置こうかと思います。それとここは晴れている日は西日が強いので、ゴーヤでも育てようかと思っているところです。」