戸建て リフォーム事例

「冬は暖かく、夏はサラッと快適です」
築33年の家が外張り断熱で高断熱高気密の住まいに!

横浜市 A様邸

築33年木造二階建て(在来軸組)
一階  86.79㎡ 26.3坪
二階  61.28㎡ 18.5坪
延床 148.07㎡ 44.8坪

ナチュラルなインテリアのリビングが居心地いいと好評です

築33年の木造住宅を構造体(基礎と骨組み)だけ残し、家一軒まるごとリノベーションしました。当社が得意とする外張り断熱、自然素材、自然通気に加え、機械設備にお詳しいお施主様と何度も打ち合わせを重ねて第1種換気システムを融合しました。ロフトは空調のミキシングルームとしても機能、夏は除湿された空気が吹き抜けから1階に降りてきます。

リフォームプラン

■リフォーム前

 


■間取りについての主なご要望
1.ユニークなリノベーションで、笑いのある伸び伸びした暮らし
2.広い空間で、無駄の少ない立体的な間取り
3.お孫さんの部屋は当初は仕切らず、成長に合わせて分けていく

■性能、設備の主なご要望
1.外張り断熱
2.床下エアコンと第一種換気を併用したい
3.断熱性と気密性を重要視したい
4.キッチンの換気扇はエアカーテン仕様
5.換気、除湿、加湿の機能をもつダイキンのデシカを使いたい
6.玄関土間に床暖房設備

 


■打ち合わせを重ね、最終的に決まった家のイメージ



■リフォーム後


 


玄関を入ると室内はほんのり暖かく、かすかに木の香り。
たっぷり2mの幅をとった玄関ホールが奥のリビングまで続きます。
サッシの向こうには広いデッキが続いています。
床は、足触りがとても優しい無垢の杉に自然オイル塗装


 

 


ベージュ系のインテリアでまとめられたリビング。
東南の角に朝の陽の光が入るコーナー窓を設けました。
リビング上の吹き抜けは、二階にあるお子様のプレイルームとつながっています

 



ダイニングテーブルの左にある木の箱に「床下エアコン」が格納されています。
床下エアコンからの暖かい空気が家中の壁の中を循環しているため、
冬、テーブルに座っている時も足元が暖かです。





二階のお子様スペース
今はまだ仕切りがありません。お子様の成長にあわせてゆくゆく仕切りをされるご計画です。



 




二階から一階リビングを見下ろした風景
一階にいても二階にいても、さりげないご家族の会話が生まれる間取りです






洗練された白い外壁。
道路に面する一階の窓は、セキュリティ面から細長タイプに統一しました。
開けたままでも人が侵入できない幅です






南側外観
広いデッキは、ご入居後に施主様が施工されました。
暖かくなったらここにパラソルを立ててバーベキューをされるそうです。


 

■主な外部仕上げ
屋根:ガルバリウム鋼板平葺き
外壁:ラスモルタル下地リシン吹付
サッシ:APW330/YKK Low-eガラス

■断熱(外張り)
屋根:硬質発泡ウレタンフォームt=50
外壁:硬質発泡ウレタンフォームt=36 
基礎:硬質発泡ウレタンフォームt=30

■換気/空調設備
第1種換気:デシカホームエア/ダイキン
キッチン換気:富士工業レンジフード/エアカーテン
床下エアコン:ダイキンEシリーズ

■主な内部仕上げ
床:杉無垢フローリングt=15
  タイル、クッションフロア
壁天井:フェザーフィール塗装

 

リフォームポイント

  • AFTER

▶外張り断熱

屋根と外壁をすべて解体し、柱や梁などの構造材を断熱材で覆う「外張り断熱」を採用しています。家の中の温度差がつきにくく、また構造材を流れる空気に触れさせることができるため、家の耐久性という視点からも有利な方法です。

※断熱材は経年性能に優れた高性能硬質ウレタンフォームです。遮熱性能に優れたアルミ箔の面材で覆われているものを使用(熱伝導率0.021W/mk)

  • AFTER

▶床下エアコン

床下エアコンは一般的なルームエアコンを使用しています。床下に暖気を送り、流れる空気に乗せて家一軒を穏やかに暖める暖房システムです。
特徴
・家中どこに行っても温度差がないので快適
・床に寝転びたくなる
・過乾燥を防ぎ喉や肌にも優しい
・トイレや廊下、北向きの部屋もじんわり暖か
・ホコリを巻き上げずハウスダストの心配なし


※リフォームの場合、建物の構造により設置が不可能な場合もあります。詳細はご相談ください。

  • AFTER

▶エアカーテン機能付きの換気扇

アイランドキッチンの換気扇は、施主のご要望によりエアカーテン機能付きを採用されました。一般的な換気扇に比べ、匂いや油煙がリビングに拡散されることを防ぎます。実際に一年使われたご感想は「効果はかなりある」とのことです。
※需要が少ないせいか、販売は縮小方向にありますので検討される方はメーカーへご確認ください

  • AFTER

▶仕切りのない開放的な間取り

できるだけ仕切りを少なく。それが施主からのご要望でした。
筋交いが必要な場所もできるだけ壁を作らずオープンに。明るさと風通しが抜群です。

  • BEFORE
  • AFTER

▶欄間を照明カバーとして再利用

以前の家の書院欄間をリメイクして天井の照明カバーに使用しました。
ガラスのままでは万一の時に危険ですので、乳白色のポリカ板に張替えました。