戸建て リフォーム事例

昭和の建物を断熱改修して二世帯で暮らす

練馬区 U邸

木造瓦葺二階建て
延床面積:55.57坪
家族構成:母+夫婦+子二人

暖かく風通しのいい間取りに

昭和初期に建てられた建物と、それに連なり増築された築30年の日本家屋をスケルトンリフォームした事例です。
「使える物は残したい」という建主のご要望により、既存の柱や梁、階段を活かしました。
屋根と壁の断熱改修と自然素材リフォームを使って明るく風通しの良い住まいができました。

リフォームプラン

主な仕上げ

外壁:ジョリパット仕上げ(ゆずはだ)
玄関ドア:三協立山F52
開口部:トステムデュオPG
床:バーチ(サーモウッド)床暖房用
壁:漆喰、エコクロス
天井:エコクロス
造作:タモ積層材等
床暖房:電気式床暖房パネル

リフォームポイント

  • AFTER

▶スケルトン

内装とその下地を全て撤去した時の様子です。
筋交いの上下を耐震金物で補強しました。
屋根垂木、壁の中、床下には、グラスウールより湿気に強い板状の断熱材を入れました。
開口部(窓)の断熱性にも配慮する必要がありますので、サッシは全て断熱性・防露性の高い複層ガラスに交換です。

  • AFTER

▶思い出

  • AFTER

▶新しい吹き抜けを

既存の二階床を撤去してつくった吹抜け。

窓から差し込む陽射しで一階の隅々まで明るくなりました。
吹抜けを囲む二階の手摺は和を意識して縦格子に。天井上部には褐色のシーリングファンを設置。 吹抜け中央にある梁はホゾ穴もそのままに現わしとしました。

  • AFTER

▶天窓を新設

天窓のあるサロン
天窓は手動で開閉可能です。暑い季節はここを開けて縦の室内換気を図ります。
庭を眺めながらここで過ごす休日は心地よさそうです。

入居後、この天窓に日射遮蔽のためのブラインドを設置しています。

  • AFTER

▶玄関近くにベンチ

座って郵便物を仕分けしたり、帰宅時にちょっと荷物を置いたり、季節毎の設えを楽しんだり、ベンチは色々な用途で使えます。

  • AFTER

▶玄関の窓からの眺め

玄関としては大きな窓です。外からの視線のない庭に面しているのでカーテンはありません。
庭の木々を楽しめる明るい玄関になりました。

  • AFTER

▶ステンドグラスのある玄関