PAC住宅5つの特徴
1.木造住宅

木造住宅

Wooden house

国産無垢材を積極的に取り入れた木造軸組工法の家です。
無垢材の魅力は、なんと言っても見た目の気持ち良さ、肌触り。そして調湿性能です。
湿気への配慮を必要とし、四季のある日本の家づくりに最も適した材料です。 国産材を使うことは、日本の森を守ることにもつながります。

2.外張り断熱

そとばり外張り断熱

Exterior insulation

断熱材を柱の外側に張り、壁の中(内壁空洞)に空気を流して、木材を”流れる空気”に触れさせます。木の家を長持ちさせ、家の温度差や結露を防ぎます。
夏、天井裏の熱気を逃がすしくみで、ロフトも快適。大切な衣類や本等も傷むことなく保管できます。

3.ピーエーシーPAC(Passive AirCycle)住宅

ピーエーシーPAC(Passive AirCycle)住宅

Passive AirCycle housing

床下と屋根の換気口の開閉で、夏と冬の衣替えが出来ます。
冷暖房の使用頻度をできるだけ短くできるよう、太陽熱や風をいかしたエコ住宅です。
換気口の開閉はレバーで簡単にできます。

4.厳選された自然素材

厳選された自然素材

Carefully selected natural materials

経年変化で深まる味わい、健康性、手に触れた時の優しさなど、自然の素材には作り物にはない価値があります。過敏体質やアレルギーのお子様のご家庭には特におススメです

5.設計から施工まで一貫した家づくり

設計から施工まで一貫した家づくり

Consistent house making from design to construction

素材、流通過程、作り手の顔が見える、オーダーメイドの家づくりです。
木の家と流れる空気を熟知する職人の技術レベルは高く、安定した品質の家をお届けします。
オーダーメイドならではの、工事最終段階の細かい微調整、例えばトイレットペーパーの位置なども、現場でお客様と相談して決めていきます。

高品質な理由

つくるなら「いい家をつくりたい」。それが私たちの大切にしていることです。

Reason 01素材の高品質

まず良い材料を選びます。例えば、

  • 骨太の柱や梁などの構造材
    国産無垢の杉やヒノキを中心に使っています。
    丈夫で高耐久な家にするために構造材は骨太です。
    通常3.5寸角の柱が主流ですが、私たちは4.0寸角と通常より太い柱を選びます。
  • 無垢のフローリング
    厚さ15ミリ以上の無垢のフローリングを一つ一つ厳選して使います。
    仕上げは、木の風合い、木の呼吸を妨げない天然オイル塗装が標準です。
  • 混ざり物のない漆喰 
    化学糊を使わず、海藻糊を用いた100%自然素材の漆喰を左官職人とつくりました。

Reason 02技術の高品質

自然素材を使って質の高い家をつくるために、熟練した職人の技術が必要不可欠です。例えば、

  • 丈夫な基礎
    コンクリート一体打ち工法を採用しています。(基礎形状により変わる場合があります)
    継ぎ目がないため、基礎の強度も上がり、浸水やシロアリにも強くなります。
  • 無垢材を扱う技術
    木の癖や性質を読み取り、適切に施工できる技術が無くては成り立ちません。
  • 左官の技術
    独自にブレンドした自然素材100%の漆喰をご用意しています。
    現場では、海藻糊を鍋でコトコト炊きながら直前に混ぜて塗ります。混ざりもののない漆喰を塗るためには、手間、技術、経験が必要です。

Reason 03専門性の高品質

間取りや素材、空間構成については、設計士に。
工事でわからないことがあれば設計士や現場監督に。
お金やその他のことには、営業担当やローンアドバイザーに。
また住んでからのお悩みは、担当スタッフ、あるいはメンテナンス担当に。
PAC工法や流れる空気の仕組みを詳しく知りたければ、開発者に。

設計から施工まで一貫して行っているからこそ、専門家同士の距離感が近く、
安心して暮らして頂ける家づくりのために、妥協せずにチーム一丸となって取り組んでいます。

トップページへ戻る