入居者の皆さまへ

夏の住まい方

日射遮蔽が夏の最大のポイントです

日本の住宅は、「夏を旨とすべし」の徒然草の一節が語るように、夏の強い日差しを家の中に入れないための工夫が古くからなされてきました。 たっぷりとした軒庇、すだれやよしずなど、現代においても、「旨」としたい知恵はいろいろとあります。
ペアガラスやLow-Eガラスの採用により、窓面からの熱の影響はある程度抑えることは可能ですが、それだけでは十分ではありません。 窓の日射遮蔽を効果的に行うためには、室内側ではなく、日射遮蔽は窓の外側で行うことが必要です。室内側で遮光したとしても、ガラスから入る熱は遮断できず、室内を暑くしてしまうからです。
エアコンの設置状況は、立地条件やご家族の快適体感温度によって様々です。家にエアコンはない、というお宅もあれば、窓の日射遮蔽と並行して数台のエアコンを健康的に使われているお宅もあります。
いずれにしても夏は、朝から窓を大きく開けてしまうと前夜に蓄熱された冷たさを逃がしてしまいますので、午前中は窓を大きく開けることはしないほうがいいでしょう。

ここでは、入居後に可能な日射遮蔽の方法をいくつか紹介したいと思います。

① すだれ、よしず、オーニング

すだれ、よしず、オーニング

軒の出は、夏は日を遮り、冬は日が入る長さを規準とした場合、おおよそ90センチあれば有効となります。 ただし、これは南中時の太陽高度を基準としていますので、太陽高度の低い東や西の日には対応出来ません。 また地面やベランダ、1階屋根の照り返しからくる熱を防ぐことはできません。かといって東や西の窓も採光や風通しの面から無くしたくはなく、冬であれば、西日も有難いものです。
その場合有効になるのがすだれやよしずです。
庇がわりとしてデッキやバルコニーの屋根代わりに、巻き取り式のオーニング庇を最近よく目にするようになりました。 日差しカットのみならず、風通しもよく、雨除けにもなります。


② 現代版すだれ「外付けブラインド」

外付けブラインド

窓の外側に取り付けるルーバー・外付けブラインドがあります。(電動・手動) 羽の角度が自由に変えられ、光の入り加減の調整ができ、雨よけしながら風通しを得られ、防犯性にも優れています。


③ 緑のカーテン

外付けブラインド

落葉するツル系の植物を窓前に這わせたり、庭の西側に大きな落葉樹を植えるなどの方法も、日本ならではのパッシブな暮らしのあり方です。 豊かな緑は、行き交う人々の目を和ませてくれますし、美しいまち並みへの貢献も大です。


外気が爽やかな日は風通しを図る

夜間外気温が下がり、冷蓄熱できている日の午前中は前夜の涼しさが建物全体に蓄えられています。
朝から外気温が上がる時はむしろ午前中は窓を開けない方が涼しく過ごせます。 外気がさわやかな時は、窓を開けて、自然の風を楽しんでください。

外気の湿度が高い時は、窓を閉めて室内で除湿を

外が蒸し暑い時は、窓を閉めてエアコンをドライにして使用することをお勧めします。 あわせて1/fの揺らぎ機能のあるシーリングファンや扇風機を上手に使って、より爽やかな体感を得られる工夫をしてみましょう。 ドライ回路使用時にはクローゼットや押入れを開け、中の乾燥をはかりましょう。
時にはクローゼットや押入れの中の物の虫干しも心がけましょう。 また、風の通らないベッドの裏や下は定期的に点検し、ベッドを立てるなどして風通しを図る必要があります。

自然素材と上手につきあう

畳

無垢の木や畳などの本物の素材はそれ自体呼吸できる材料ですが、通風や換気がなされていなければその良さは発揮されず、時にはカビが発生することもあります。
特に畳の上の万年床や敷きっぱなしのラグは禁物です。 万一カビが生えてしまったら畳干し、又は消毒用アルコール(エタノール)を散布して乾燥した布で拭き取ってください。 洗剤や化学雑巾で拭くと畳の光沢がなくなり痛みが早くなるのでお勧めできません。

前のページへ戻る