外張り断熱で躯体内空間の空気の流れを確保

断熱のジレンマを解決してPAC住宅誕生

住宅を断熱したら、夏はもっと暑くなり、冬はますます寒くなる。
そんなウソのようなことも現実にありうる話なのです。

断熱とは単純に外と内を熱的に遮断すること。
断熱された部屋で考えてみましょう。窓もしっかりと断熱されています。 断熱されている部屋であれば、部屋の中の熱は外に逃げにくい。外の熱は、部屋の中に入りにくいということです。
例えば冬、外の寒さは室内に入らない、しかし同時に外の太陽の暖かさも入らない。
夏はどうでしょうか? 外の暑さは室内に入らない、でも、室内のこもった熱も外には逃げないという事になります。
断熱がされていなかった昔の家では、夏の夜、外気が下がれば室内も涼しくなりました。 ただ、日中は暑くなりました。 冬も日中、陽がさせば室内は暖かくなりました。でも夜はすぐに寒くなりました。
外気温に室温が追随していましたので、寒い時は寒く、暖かい時は暖かく、そして涼しい時は涼しく、暑い時は暑かったのです。
そんなジレンマを解消するために、部屋は断熱されるようになりました。 しかし、よく見ると、断熱されていない部屋と断熱された部屋のジレンマは、ちょうど逆になっただけです。 無断熱のジレンマが断熱のジレンマに変わっただけです。
しかし現実的には、断熱された家では、夏、夜になっても暑いまま。冬、太陽が出ても寒いまま。こんな体験を多くの方がされているのではないでしょうか。


断熱された家では、特に夏のクーラーは必需品です。もちろん断熱されているからと言って冬に暖房がいらなくなるわけではありません。

無断熱から断熱へ。最近はさらに高気密高断熱に。これは建物の建て方の問題です。
無断熱にもそして断熱にも、どちらも課題が伴うわけですが、この建物の課題いわば断熱のジレンマを、 クーラーや暖房という機械設備に頼って、解決しようとしているのが、断熱すなわち高気密高断熱住宅と言えます。


この断熱のジレンマを機械設備だけに頼って解決するのではなく、家の建て方の工夫で、 できる限り乗り越えて、足らない部分を機械設備にお世話になろうと考案されたのが、PAC(ピーエーシー)住宅です。Since1977

PAC住宅の詳細な説明は他のページに譲りますが、ここではPAC住宅がどのようにして断熱のジレンマを乗り越えているかの基本的考え方を説明します。


断熱のジレンマは夏と冬、そしてそれぞれの夜と昼に発生します。
その矛盾を機械設備ではなく、まず建築的(パッシブ)な手法で解決します。

PAC住宅は、建物全体をすっぽりと外張り断熱されます。 そして、外張り断熱された屋根面と壁面に日射が当たった時、太陽熱を建物内に採り込める集熱通気層をつくります。 冬は、その熱が、空気の温度差を利用したシステムで床下や内壁そして天井など部屋の周り(躯体内空間)を、自然に循環するシステムです。
すなわち断熱された屋根と壁面から太陽熱をもらえるというシステムです。

夏は、風の力で夜間の涼しさを建物内に取り込み土間コンクリートなどに蓄熱して、昼間、その涼しさを躯体内空間に流れる空気にのせます。 建物全体が断熱されていても、夜の涼しさを取り込むことができ、その涼しさは昼間にも使えます。

冬は太陽熱、夏は夜間の涼しさという自然のエネルギーを建築的手法で利用するパッシブソーラーハウスです。

PAC住宅は、夏と冬に衣替えをして躯体内空間の空気の流れを変え、 冬と夏そして夜と昼の断熱のジレンマを乗り越え解決した日本で初めての本格的なパッシブソーラーハウスです。 1977年から積み上げられた成熟された技術で6000棟以上の実績があります。


外張り断熱の課題を克服 next

前のページへ戻る