外張り断熱で躯体内空間の空気の流れを確保

外断熱が大きな話題になるようになりました。但し、「外断熱」という言葉はコンクリートのビルなどに使われる用語で、木造住宅の場合は外断熱ではなく「外張り断熱」といいます。


外張り断熱・外断熱という用語は最近のものですが、外断熱という言葉もなかった時代1977年から、PAC住宅では独自に開発してきた外張り断熱を実施してきました。


断熱材をなぜ柱や梁の外側に張る必要があるのか?

その最大の理由は、日本の木造住宅を長生きさせるためです。
壁の中や天井の上に断熱材を入れたり乗せたりする充填断熱工法では、木を腐れから守り長生きさせることはできません。 木材を湿気から守り本来の寿命・天寿を全うさせるためには、木を密封状態においてはダメなのです。 伐採された後も、木が生きた状態、呼吸できる環境であるなら、その本来の寿命を生き長らえることができます。
木が呼吸できるよう空気にふれさせることです。 封じ込められて死んだ空気ではなく、いつも流れている生きた空気にふれている木材は活き活きとしています。 木材を「流れる空気にふれさせる」、これは伝統的な手法であり、木材を腐れから守る大原則です。


流れる空気に触れさせる場所は?

「流れる空気にふれさせる」という原理原則を忠実に守って断熱をしなければなりませんが、では、流れる空気にふれさせる部分とはどこでしょうか。

1.住宅の柱・梁・筋交いなど骨組に関するすべての木材。
2.壁や床、天井の面材(仕上げ材)

建物を支える木材と、部屋を包む面材ということになります。 現在の建物は、昔の土壁の真壁といった構造ではなく、柱などが壁の中に隠れてしまう大壁構造ですから、 建物を支える土台や柱などの木材を流れる空気にふれさせるためには、この隠れてしまう部分を空気が流れる構造にする必要があります。


流れる空気を確保するための工夫

流れる空気の確保のためにPAC住宅がしている工夫、それは床下空間と1階のすべての内壁空洞そして1階と2階のふところ空間、 次に、2階のすべての内壁空洞から天井裏空間すなわち小屋空間に一連に空気が流れるように構造材を組み立てました。
こう言うといかにも大変なように聞こえますが、日本の木造住宅本来の木の組み方を基本にしていますから、特に難しくもなく構造も強くしっかりしたものになります。 こうしてできる一連の空洞を「躯体内空間」と言います。 PAC住宅は、この躯体内空間に365日24時間いつも空気が流れているのです。 この躯体内空間には、全ての構造に関する木材が存在し、同時に、床・壁・天井の裏面も露出しています。

この躯体内空間を常に空気が流れていれば、構造に関係する全ての木材と床・壁・天井の下地面材は、常時、流れる空気にふれていることになります。
この「躯体内空間に流れる空気」を建築的パッシブな方法で、「冬は太陽熱で暖める」「夏は夜間冷気で涼しくする」という工夫をしたのがPAC工法です。 1977年からの歴史がある成熟した技術です。

そう考えると壁の中に断熱材を詰め込み、空気の流れを断つ充填断熱は問題があるとしか言いようがありません。 また、外張り断熱だとしても床に構造用合板を敷くネダレス工法で、壁の中の空気の流れをストップしてしまう工法は我々には全く発想にすら浮かばないものです 。 残念ながらコストの関係からか、この充填断熱とネダレス工法が現在の主流になっているのですから何とも言えない思いです。


「断熱の原則」その1.木材を長生きさせる手法で next

前のページへ戻る