夏と冬、衣替えするパッシブソーラーハウス

めざすは、木陰の涼しさThe aim is to cool down the shade

暑い夏でも、一歩木陰に入ると太陽が当たらない地面は冷たく、吹く風も涼しい。その心地よさを家の中に再現しました。温度差を利用した換気と風力によって、熱気や湿気を徹底的に排出し、家の中の涼しさを保ちます。
夜間から明け方は、涼しい外気を建物の基礎コンクリートや壁・天井の下地材に溜めて、翌日の室内の温度上昇を抑えます。

夏
4月中旬から10月頃が夏モード

PAC床下換気口とPACスーパー越屋根換気口を開けます。
自然の力で、空気が躯体内空間を通り抜けます。ダクトやファンなどの電気設備は一切使わない、夏のパッシブエアサイクルです。

温度差換気暖かい空気は上昇する、この特性を利用しています。夏の熱い壁内の空気は上昇し、屋根上部にあるPACスーパー越屋根から外に排出され、室内の温度上昇を抑えます。
風力換気PACスーパー越屋根とは屋根上部にある大型換気口です。屋根面に当たった風の圧力を利用して壁内空間の熱気を外に引き抜く機能があります。どの方角から風が吹いても負圧(空気を外に出す力)を作り出すことができます。
蓄熱(冷気)夜間の涼しい外気を、PAC床下換気口から取り込んで、その冷たさを基礎コンクリート・壁・天井の下地材に溜めます。これを保冷材のように使って、翌日の室内の温度上昇を抑えることができます。これは、「熱は重たい材料に溜まる」という特性を活かした、パッシブエアサイクルの家オリジナルの工法です。

動画で夏のパッシブエアサイクルのシステムを詳しく紹介

動画をごらんいただくには Flash Player が必要となります。flash


お客様の声
  • 旅行から帰ってきて、玄関を開けた時に驚きました。覚悟していた、あの「もわっと感」がない。エアコンをつけっぱなしで出発してしまったのか・・・と確認したくらいです。
  • じっとり蒸し暑い日でも、さらっと爽やかに過ごせます。
  • 以前の家は、会社から帰ってきたら、まず全ての窓を開けて、家の熱気を外に出し、それからエアコンをつけて・・・というルーティンがありました。この家は外より家の中が涼しいので、帰宅後の時間がのんびりできるようになりました。
  • エアコンを使わずに寝ることが多いです。夜間の近所のエアコンの室外機の音を聞きながら「パッシブエアサイクルの家は本当にありがたいな」と思います。
  • エアコンを上手に使うことで、他の住宅よりサラッと心地よいです。 太陽のギラギラ輝く日中でも、玄関を入ると、エアコンのついてない時でもスッキリした空気を感じます。 漆喰の効果もとても大きいと思います。 家づくりは大成功です。
  • 実家に帰省すると、夜中蒸し暑くて全然眠れないため、初めて自分の家が相対的に涼しいことを認識しました。家の構造の大切さを再認識した出来事でした。
  • 建替え前は、1階だけで2台エアコンを設置していました。 今は各階に1台ずつ設けています。以前の家よりも風通しが良くなり、昼間は窓を開けると風が通るので、エアコンはほとんど使わずに過ごせます。
  • 電気代が月に4000円程安くなり、びっくりしました。
  • 窓の外によしずを掛け、シーリングファンや扇風機で夏を過ごしています。寝苦しくて眠れぬ夜はほとんどありません。自然な暮らしには、パッシブエアサイクルの家は効果抜群!です。
  • 緑のカーテンも取り入れ、効果的に日射を遮り、エコロジカルな暮らしを実現しています。
  • 8月15日に引っ越したばかりで、9月10日までエアコンなしで過ごしました。 日中家にいる時リビング南側の掃き出し窓を開けると、風の通りが良すぎるくらいのことがありました。 漆喰のひんやりとした肌触りも、気持ちが良いです。
  • 熱帯夜には、エアコン(除湿モード)を1時間で切れるようにタイマーにしますが、朝までぐっすり眠れます。タイマーが切れるたびに目が覚めていた以前の家から比べたら、夢のようです。
  • 建て替えのため、この土地の風の流れ方は十分に分かっていましたので、それを考慮した細かい設計をお願いしました。
    窓を開けた時の風の流れは予想通りで快適。さらに、その風を利用したパッシプエアサイクルの家の夏モードの力で、家に熱気がこもらず、いっそう快適。風が気持ちよく流れる家になりました。
お客様の声

冬モード next

前のページへ戻る