かくれん房・部屋の周りを流れる空気で暖める
かくれん房

かくれん房とは、床面・壁面・天井面からあたためる
PAC住宅ならではの家一軒丸ごと低温輻射暖房システムです。

風が起きないためハウスダストを巻き上げることがなく、
アレルギーのある方、赤ちゃんにも安心です。

家の中に温度差をつくらないので、お年寄りにも優しい暖房です。

廊下や北側の部屋、トイレや押入れもほんのり暖かく快適に!

熱源は、ガス、灯油、ヒートポンプの3種類あります。

他の暖房との違い

かくれん房は家全体をやわらかく「質の高い」暖かさで包みます。 床や壁、家具などが冷たくなく、 ひやっとする空気の流れがない家になります
では具体的な他の暖房器具とかくれん房の、質のちがい、また健康面への影響などをくらべてみましょう。

エアコン

【エアコン】

風が起こり対流による不快感を与えます。 また暖かい空気は上昇するために足元がなかなか暖まらないことや、 設置していない部屋との温度差、風が巻き上げるハウスダストも気になります。

FF暖房・蓄熱暖房

【FF暖房】【蓄熱暖房】

蓄熱暖房のまわり以外がなかなか暖まりません。 また風が起こる暖房は室内に対流を起こしハウスダストを巻き上げてしまいます。 アレルギーなど過敏な方には、人工的な風は大敵ともいえます。

一般床下

【一般床暖房】

部分的な設置が多いため、部屋の中の未設置部分や設置のない廊下、浴室、トイレなどに移動したときの温度差が気になります。 多くは温度が高すぎて、まるでホットカーペットのようになってしまっています。

かくれん房

【かくれん房】

部屋の床・壁・天井はもちろん、廊下や浴室、トイレなど家全体がぬくもりに包まれます。 ほぼ均一の温度に保たれるので、家中どこにいても寒さを感じることがなく安全で健康的です。 放熱器設置タイプであれば食卓の足元などをぽかっとさせることができます。

3つのタイプがあります

1.床下エアコンタイプ

壁際の床面にルームエアコンを設置し、床下空間に暖気を送ります。
エアコンは専用のボックスに格納され、室内からは見えません。
使用時の吹き出し音はほとんど聞こえず、静かな室内環境です。
入居後の設置も可能です。

nowprinting nowprinting

2.床下放熱器設置タイプ

nowprinting

床下空間に放熱器を設置し、床下空間の空気を暖めます。
食卓の足元、洗面や脱衣室、書斎足元などに設置すれば、
他の床よりすこし温度が高めの、ほわっと暖かくすることができます。
入居後の設置も可能です。


3.土間コンクリート蓄熱タイプ

床下の土間コンクリートに架橋ポリエチレンパイプを埋設して温水を流します。
コンクリートが蓄熱体となり家全体を長時間優しい暖かさで包みます。
玄関土間に埋設すれば、冬、玄関も快適です。
架橋ポリエチレンの特性は・軽い・柔軟性がある・耐食性に優れる・耐衝撃性に優れる・低温特性に優れる・電気特性に優れる(電気腐食を受けない) ・耐ESCが向上する(割れにくい)・クリープ性能が向上する(長期間にわたって変形しない)・耐薬品性が向上する・耐熱老化性を向上すると優れたもので、 ロードヒーティングや給湯配管や水道管など使用されています。

床下断面イラスト

床暖房以上の快適さ

かくれん房は、PAC住宅の躯体内空間を利用した低温輻射暖房です。

床暖房も低温輻射暖房のひとつですが床暖房の理想形は、建物内のすべての床面に隙間なく設置し、床面の温度が20℃程度になるように使用することです。

それでこその低温輻射暖房なのです。 しかし現実的にすべての床面に設置することはコスト的にも大変ですし、ランニングコストも膨大なものになるでしょう。 ゆえに、実際にはリビングの一部など限られた面積での使用になってしまっているのです。

そうした部分的な床暖房の使用では、20℃程度の低温では物足りなく、かなり高温で使われているのが実態です。 ホットカーペットと何ら変わらない使い方で、それではわざわざ高い床暖房にする必要はないと思います。

あまりにも理想とはかけ離れた床暖房の現状ですが、PAC住宅であれば、理想の床暖房、いやそれ以上の事ができます。 それはPAC住宅の構造だからこそ可能なのです。

PAC住宅は、空気の流れる躯体内空間を有しています。 躯体内空間とは部屋の周りの空洞です。床下・壁の中・天井の上のすべての空洞がつながっていて空気が流れます。 居室だけではなくトイレも洗面・浴室も、納戸など全ての空間の周りに躯体内空間は形成されています。

躯体内空間に流れる空気を利用して、建物内すべての床・壁・天井面を20℃程度に暖めるPAC住宅独自の低温輻射暖房システム、それが「かくれん房」。 すべての床面だけが暖められたとしても、なかなか画期的なことですが、それをはるかに超えたものです。 それにプラスして、すべての壁面、そして天井面が対象なのですから、これ以上の低温輻射暖房システムはない究極のシステムと言えるのではないでしょうか。

PAC住宅の「かくれん房」の原理は簡単です。 躯体内空間に循環している空気を人工的に少し暖めてあげればいいだけなのですから。

かくれん房資料 差し上げます!

お問い合わせ内容に “かくれん房資料希望”と書いてご請求ください

PAC住宅の気密のあり方と全棟気密検査 next

前のページへ戻る