パッシブエアサイクルの家は全棟気密検査を実施しています。

パッシブエアサイクルの家は気密検査を全棟実施しています。

気密検査とは、住宅の気密性能(隙間がどのくらいあるか)を計測する検査のことです。気密測定により、その家の隙間相当面積(隙間の大きさ)が分かります。

パッシブエアサイクルの家は、太陽で暖められた屋根や外壁の熱を、家全体の壁内空間に流すことで、冬の暖かさを維持しています。そのため、家の「断熱性」と「気密性」はとても大切です。快適で高性能な省エネルギー住宅を実現するために、断熱材施工時の施工検査と、家が完成した時点の気密検査の二つの検査で、断熱と気密の二つの性能を確認しています。

前のページへ戻る