PAC住宅は全棟気密検査を実施しています。

PAC住宅は全棟気密検査を実施しています。

PAC住宅では完成後すべてを気密測定器で計測検査を実施していますが、相当隙間面積は1〜2c㎡です。

相当隙間面積とは、住宅の気密性を表す数値で、隙間面積を延べ床面積で割って出した数値。 数値が小さいほど気密性が高く「C値」とも呼ばれています。

気密と同時に通気性も重要と考えています。

気密住宅は一般的に、気密性を上げるために外気に面する床・壁・天井の面に防湿フィルムを施し継目に気密テープを貼る気密工事をしています。
防湿フィルムは、水蒸気を通さない厚さ0.1㎜以上のポリエチレンやアルミ圧着フィルムなどで壁内への水蒸気流入を防いで壁内結露を防止することとなっています。

実はこの施工法はとても怖い要素を含んでいます。

防湿フィルムで、壁の中などに室内側から湿気を入れないことは良いことなのですが、逆に、壁の中に何らかの理由で存在している湿気をそのまま閉じ込めてしまう事になります。
もともと外壁に通気層を設けるようになったのは、壁の中の湿気を外に逃がすためだったにもかかわらず、です。

通気層は、下端と上端で外気とつながっていて、壁の中の水蒸気を通気層に逃がして外部へ放出させるためです。
理論上はその通りなのでしょうが、現実的には多くの現場では机上の空論、絵に描いた餅になっています。

壁の中の水蒸気を通気層に逃がすためには、壁の断熱材や下地材を水蒸気が通過しなければなりません。 いわゆる透湿ということで、透湿性の性能の優れた断熱材や下地の合板を使わなければいけません。

透湿性能のある材料とは、微細な水蒸気の粒子は通過でき、雨など水の大きな粒子は通過できないという、微細な孔がたくさんあいている、多孔質(ポーラス)なものというものです。

理屈でいえば、壁の中に一切の水滴がなく、水蒸気の状態であれば、そうした透湿性のあるフィルムや材料などを通り抜け、すべて通気層に逃がし外へ捨てられるという事になります。

しかし、一般的に使用されている壁下地の合板は水蒸気を通しにくいですし、外張り断熱用の断熱材も水蒸気は通しにくいものです。 グラスウールは綿状のものですから、比較的に水蒸気は通しやすいかもしれませんが、現実のグラスウール施工現場では、どうしても隙間が多くできてしまいます。 その隙間で結露してしまえば、水滴は水蒸気よりもはるかに大きな粒子ですから、透湿性の高いフィルムや材料でも通過はできません。

またコストをかけて、すべての材料を理想的な透湿性能の高いものを使用しても、そのポーラスな孔が果たして何十年も詰まらずにいるのか不安要素は残ります。

PAC住宅は、室内側に防湿フィルムを貼ることはしていません。 また透湿性能の高い防水シートなども使用していますが、建物内の水蒸気対策は、「流れる空気」と自然素材の「調湿機能」と建物全体の「温度の均一化」などで対処しています。

この機能は、設計と施工が丁寧にきちっとなされていれば、建物の寿命とともにあるものですし、この機能そのものが建物寿命をさらに長らえるはたらきをしているのですから、まさしく、良い循環になっています。

PAC住宅の「流れる空気」の性能を確保するためには、室内の気密性ばかりではなく、床下空間・内壁空洞・小屋空間などを含む建物全体の気密性がある程度は必要です。 

気密性が保たれているかどうかは、建築中の現場検査で確認していますが、各現場での、いい意味の緊張感を保つためにも、完成後は必ず機械で検査するという項目を設けています。

前のページへ戻る