HOME >> 暮らす >> パッシブ&エコロジカル >> 日除けの工夫あれこれ

パッシブ&エコロジカルに暮らす 風通し 日射遮蔽 

日除けの工夫あれこれ 日射遮蔽 すだれ・よしず・外付けブラインド 風通しのいい家

日本の住宅には、「夏を旨とすべし」の徒然草の一節が語るように、夏の強い日差しを家の中に入れないための工夫が古くからなされてきました。たっぷりとした軒庇、すだれやよしずなど、現代においても、「旨」としたい知恵はいろいろとあります。ペアガラスやLow-Eガラスの採用により、窓面からの熱の影響はある程度抑えることは可能ですが、それだけでは十分ではありません。窓の日射遮蔽を効果的に行うためには、室内側ではなく、日射遮蔽は窓の外側で行うことが必要です。それは室内側で遮光したとしても、ガラスを通して室内に入る熱は遮断できず、内側のブラインドやカーテンは暑くなってしまいます。
ここでは、窓の外側で行う日射遮蔽の方法をいくつか紹介したいと思います。

PAC住宅プチ動画シリーズ

軒の出、すだれ、よしず、オーニング

軒の出は、夏は日を遮り、冬は日が入る長さを規準とした場合、おおよそ90センチあれば有効となります。ただし、これは南中時の太陽高度を基準としていますので、太陽高度の低い東や西の日には対応出来ません。また地面やベランダ、1階屋根の照り返しからくる熱を防ぐことはできません。かといって東や西の窓も採光や風通しの面から無くしたくはなく、冬であれば、西日も有難いものです。その場合有効になるのがすだれやよしずです。
庇がわりとしてデッキやバルコニーの屋根代わりに、巻き取り式のオーニング庇を最近よく目にするようになりました。

日差しカットのみならず、風通しもよく、雨除けにもなります。

  すだれ 日射遮蔽は窓の外側で 風通しのいい家   

窓の外側での日射カットに有効な゛すだれ゛。


現代版すだれ「電動ルーバー・外付けブラインド」

窓の外側に取り付ける電動式のルーバー・外付けブラインドがあります。

コストはそれなりに掛かりますが、羽の角度が自由に変えられ、光の入り加減の調整ができ、風通しも良く、雨除けにもなり、防犯性にも優れています。

  外付けブラインド 日射遮蔽は窓の外側で 風通しのいい家 

ルーバーの角度調節、開閉ができることでブラインドとシャッターの両方の機能を兼ね備える。手動タイプもある(窓のサイズによる)。


植物の恩恵を利用する「緑のカーテン」

落葉するツル系の植物を窓前に這わせる、庭の西側に大きな落葉樹を植えるなどの方法も、夏には日を遮り、落葉する冬には、日を入れられることから、有効な方法です。


写真1は、西側の玄関ポーチの目隠しと日除けを兼ねたツル植物による壁面緑化の事例。豊かな緑は、美しいまち並みへの貢献も大です。

写真2の家は、西側のお宅に大きな桜の木があることを幸いとし、西にも比較的大きな開口を設けています。春は花を、夏は日を遮る緑を、冬には暖かい日差しと、借景を兼ねながら、よりパッシブに暮らせる家となっています。

  植物による日射遮蔽 緑のカーテン 風通しのいい家 

緑のカーテン 植物による日射遮蔽 風通しのいい家 

へちま、ひょうたん、ゴーヤなどのつる植物を使って日射遮幣した「緑のカーテン」。日射が当たっても、葉自体が暑くならないため、より効果が期待できる。



暮らす

家を建てる前にぜひお読み下さい!「健康住宅シリーズ」の電子書籍をプレゼント!

PAC住宅・リフォーム資料のご請求をいただいた方へ、健康住宅のための書籍を二冊までプレゼントします。
iPad、スマートホンでも見れます。

資料請求