HOME >> 暮らす >> 我が家のお手入れワンポイント講座 >> 玄関ドア・窓・網戸・シャッターなど

我が家のお手入れワンポイント講座   PAC住宅 健康住宅・外断熱・外張り断熱のパッシブソーラー・パッシブ換気・自然換気・自然素材・本物の漆喰・無垢の木でシックハウスのない健康な家づくり

玄関ドア・窓・網戸・シャッターなど

日頃のお手入れでトラブルを防いで

ドアや窓の開閉の調子が悪い時、挟まっているほこりを取り除くことで解決できる場合もあります。

【アルミサッシ】
1.

中性洗剤をぬるま湯で薄めて、スポンジや柔らかな布などを使って表面を洗って下さい。歯ブラシ、ワイヤーブラシなどを使うと傷が付き、腐食の原因になります。

2.

その後水で十分に汚れや洗剤を落とす。

3.

乾いた布で水分を拭き取る。

汚れはしみや腐食の原因となります。表面の汚れが軽いうちに掃除をすれば、手間もかかりません。

交通量の多い道路沿いや海岸地帯にあるお宅では、排気ガスや塩分による汚損も考えられますので少し気にかけて下さい。

【アルミサッシのレール(下枠)】

アルミサッシのレールは砂やほこりのたまりやすい所です。窓や雨戸には戸車が付いていますから、戸車がほこりを巻き込むことなく軽快な開閉を保つために、定期的に掃除して下さい。

ブラシや刷毛で砂埃を落します。割箸の先に布を巻き付けたものを使うのも良いでしょう。また、ヤカンなどで水を流しながら拭き取る方法でもきれいに掃除ができます。

【木製サッシ】

木部は日頃は乾いた布などで拭き掃除。年に1、2回はほこりを落とした後、強く絞った布で拭き、汚れを落とし、その後乾拭きして下さい。

アルミ部分はアルミサッシ・レールのお手入れと同様です。

木部の再塗装については、初期の色からの褪色の進み具合を判断の目安として下さい。木材保護のためにも、劣化が著しくなる前に塗装することをお薦めします。劣化が著しい場合は専門の塗装業者にご依頼されることをお薦めします。再塗装の方法はメーカーの取り扱い説明書をご覧下さい。塗料については安全なものも市販されています。

引き違い窓をサッシ枠からはずして掃除をすることは危険です!!

引き違い窓をサッシ枠からはずして掃除するのは、基本的に避けた方が良いでしょう。引き違い窓のガラスが入っている部分(ガラス障子といいます)は、はずれ止め調整ネジをゆるめることでサッシ枠から取りはずすことは可能ですが、はずしたガラス障子を元に戻す時に、はずれ止めをしっかりセットしないと、ガラス障子が窓枠からはずれて落下し、事故につながるおそれがあるので危険です。止むを得ずはずした場合は、ガラス障子に貼られている説明ラベルに従って、はずれ止め部品を確実にかけて下さい。

【シャッター】
アルミサッシのお手入れと同様です。

サッシやシャッターの素材であるアルミは釘やヘアピンなど鉄製のものと接触すると電気的に腐食を起こす事もあるので気を付けて下さい。

【網 戸】

網戸には、はずれ止めの部品がついています。掃除の際に網戸を取りはずす場合は、網戸に付いている説明ラベルを参考に、網戸上部にあるはずれ止め調整ネジを緩めて取りはずして下さい。

自然素材の健康住宅
網戸には取り外し部品がついています。

網戸を洗う場合はネットのたるみやはずれを招かないように、柔らかなブラシやスポンジで軽く水洗い。汚れがひどい場合は中性洗剤を使って下さい。

自然素材の健康住宅アコーディオンタイプの網戸は取りはずさずに掃除します。両手から挟むようにお手入れすると良いようです。網戸は柔らかい素材なのでやさしく扱って下さい。

 

はずれ止めは必ずセット
はずした網戸を再び窓枠に取り付ける時は、はずれ止め部品をかけるのを忘れずに。はずれ止めの部品が正しくかかっていないと、網戸がはずれて危険です。はずれ止めを窓枠レールに寄せすぎると、網戸の動きが悪くなったりします。網戸がはずれない程度に調整して下さい。はずれ止め部品は普段の生活でも時々点検して下さい。

【その他】
トップライト等、掃除がしづらい場所は道具を工夫するなどして掃除を行うことが可能ですが、無理な姿勢で掃除すると、怪我の原因にもなりかねませんので、ご自身で掃除するのが難しいと思ったら、無理せずに業者などに依頼して下さい。

調整はドライバー1本でできるものも

玄関ドアや窓は重さがあることや、付いている戸車等が内部に入っているため、直接目で見て調整することができないことなどから、ご家庭での調整が難しい場合もあります。そのような時は施工工務店やメーカーにお問い合わせ下さい。ここではご家庭でも試して頂ける調整の仕方をいくつかご紹介します。

【キーの差込みがかたい時】

玄関、勝手口などのキーの抜き差しが重く、回転がかたい時は、キーまたは鍵穴のいずれかにトラブルがあると考えられます。鍵穴にミシン油などを注入しますと、シリンダー内にゴミが付いて故障の原因になりますので、絶対にやめて下さい。

メーカーによって異なりますが、「キーに異状がない場合、鉛筆の芯の粉を鍵にまんべんなく付けて差し込むとスムーズになります」と記載している説明書もあります。(三協アルミ取扱説明書より)

【錠がかかりにくい時】
自然素材の健康住宅
ストライク ラッチボルト

ラッチボルト(錠をかける時にドアから飛び出る金具)などが受けに納まらなくなってきた場合は、ストライク(受けに付いている金具)に引っ掛かったり、当たったりしていることが考えられます。
ストライクの取り付けネジをゆるめ、調整できます。

【玄関、勝手口のドアの閉じる速度が徐々に速くなってきた(または遅くなった)】
ドア速度の調整はドアクローザーで行います

ドアクローザーにあるネジはそれぞれの区間の速度を調整します。

調節するネジ(速度区間)には順番があります。(図※メーカーによって異なります。)順番を守って、速度の調節を行って下さい。速度のバランスが悪くなるとスムーズに閉まらなくなったり、音を立てたりすることもあるので、調節は少しずつ様子をみながら行うのが良いでしょう。
詳しくはメーカーの取扱説明書をお読み下さい。

自然素材の健康住宅
自然素材の健康住宅
ドアクローザー。形はメーカーによって異なります。
速度調節はネジをドライバーでまわして行います。

ドアのストップ角度もネジの調節により行えるタイプのものがあります。
各メーカーの取扱説明書を参考にして下さい。

自然素材の健康住宅
ネジを調整することで、ドアをストップさせておく角度を変えることができるものがあります。
【玄関引き戸の両端の戸当たり錠が閉まりにくい】

枠についている受け金具の取り付けネジをゆるめて金具を上下にスライドさせて調整できます。(異なるタイプもあります。)

建て付け調整(引き戸が枠にきちんと当たるようにする)や中央の錠の調整について取扱説明書で解説しているものもありますが、ご家庭で行うのは難しいかもしれません。

玄関引き戸の両端にある金具。
金具のそばに貼ってある説明ラベルも参考にして下さい。
【引き違いサッシのクレセントがゆるんできてしまったら】

クレセント(締め合わせ部分についている金具)のゆるみは金具本体についているネジを締め直すことで解決します。ネジ部分がキャップでカバーされているタイプのものもあります。

クレセントのかかりが悪くなってきた場合は、クレセント本体とクレセントの受け側のネジをドライバーを使って調節することができます。(クレセント本体で上下方向、受け側で左右方向を調節するものなどがあります。)

クレセントのネジ部分がキャップでカバーされているタイプ。キャップは手で簡単に開けることができます。 クレセントの受け側。ネジをゆるめると位置の調節が可能になります。

クレセントの開閉操作は確実に
クレセントの施・解錠がきちんとされないまま、窓の開閉を行うと、サッシやクレセント受けなどを傷める原因になります。防犯や安全性の面からも施錠はしっかり行って下さい。サッシを傷めないポイントとして窓の開閉をやさしく行うこともあげられます。