会社の歩み
1977

1977

流れる空気の家
誕生ストーリー

1977年 「外張り断熱住宅」の誕生
時代は省エネルギーや、省資源の真っ盛り。住宅業界では冬を暖かく過ごせる家づくりのために、断熱施工が始まりました。しかし、木造の躯体(家の骨組み)の中に断熱材を充填するという方法では、家の骨組みが湿気や内部結露から腐り、家の強度が低くなるという問題が起き始めました。そこで断熱材を柱の外側に張り、内壁空洞に空気を流して、柱や梁などの木材を”流れる空気”にふれさせようと開発を進めました。これが「外張り断熱住宅」の第一号です。
断熱材の外側に通気層を設けた、「通気工法」のさきがけとなりました。
 

 

1979年 外張り断熱を発展させた「パッシブエアサイクル(Passive Air Cycle)住宅」誕生
外張り断熱通気工法の家に、さらに、夏は昼間の温度上昇を抑えるパッシブクーリングシステム、冬は空気循環(エアサイクル)の機能を加え、床下や壁の中の空気が回る『エアサイクル住宅』と命名、普及活動が始まりました。

冬の昼間は太陽熱を建物に取り込みたい、でも夜は室内の熱を外へ逃したくない。夏はその反対がいい。このような断熱だけでは解決できない問題点に着目。床下と小屋換気口の開閉により、空気の流れを切り替え、『夏と冬を衣替え』できるように、空気の逆流防止弁(エアダンパー・ルーフダンパー)を設置しました。
これがパッシブエアサイクル(Passive Air Cycle)住宅です。全国のPAC住宅の入居者の家を2年間にわたって実測し、日本におけるパッシブソーラーハウスという概念を確立しました。

 

1982年 健康住宅宣言
柱や梁などの木材を”流れる空気”に触れさせ「木造住宅を腐らせない」と、建物の健康性を考えたのがPAC住宅です。それに加え「住む人の健康性」についても温度と湿度の両面から追求しました。温度差の解消によってヒートショックなどの家庭内事故を防ぎ、湿度の調整によって、カビダニなどアレルギーの原因物質を減らすことができるようにしました。

 

人の健康については、「こころの健康」と「身体の健康」、建物については「耐久性」と「耐用性」、この4つの健康性を実現した住宅をPACの健康住宅と定義しました。
そして設計の観点では、個室を重要視した一般的な考え方をやめ、広がり空間の考え方を広めていきました。引き戸の良さを利用して「小さくつくって広々暮らす」考え方を推進始めたのがこの頃です。

 

1994年 自然素材の家づくりへ
「建物の健康性」を追求してできたのがパッシブエアサイクルの家ですが、建物だけでなく、「住む人の健康性」も考えた家づくりが重要という思いを持ち続けてきました。 この年、横浜国立大学の加藤龍夫先生の著書「農薬と環境破壊56話」で、「床下の毒ガス」という言葉に出会ったときは衝撃でした。当時は建築中のほとんどの現場で化学物質による神経刺激が起こっていました。

そんな中、パッシブエアサイクルの家の場合は、躯体内空間の空気の流れの効果で、ひと夏を過ごすと、室内での不快感や匂いは、ほとんどなくなっていました。

横浜国立大学との室内空気汚染の実体調査の結果、20種類あまりの化学物質は建物内から抜けていることが証明されましたが、唯一、白アリ防除剤の有害な化学成分だけは、室内の空気から高レベルで検出されました。シロアリ被害を予防しようとして、住む人が薬剤被害を受けてしまっては本末転倒です。そこで、私たちは薬剤によるシロアリ対策を一切やめる姿勢を打ち出し、自然素材を前提とする家づくりを進めました。

 

1997年 「顔の見える」家づくり
「顔の見える関係」で家作りをしたいという思いから、フランチャイズ展開を終了し、設計から施工まで一貫した受注を開始。納得できる家づくりは、建主の顔、職人の顔、木材や使われる材料の顔、それを扱う人の顔が見え、そしてそれぞれの思いが理解しあえてこそのことだと考えます。

 

2006年 ”あなたが主役の家づくり”
間取りや工法、使う材料、デザインなど建て主の暮らし、家族関係、場所、生活スタイルや習慣、動作のクセなどにもフィットした家づくりとなるよう丁寧に作ることを軸にしました。「あなたの生活」を”細かく”反映した家づくりを実現しています。

 

2009年 「流れる空気」を大切にしたリノベーション&リフォームをスタート
PACの原点である「”流れる空気”にふれさせる」手法をスケルトンリフォーム・リノベーションにも応用。しっかりとした断熱施工と、壁の中に空気が流れる工法で、マンションや中古物件であっても、一年を通して快適な住環境になります。美しさ、使いやすさだけでなく、建物の耐久性を持続させ、バランスのとれた温熱環境を実現した住まいであること、健康で心地よい空間であることを常に目指しています。

 

2009年 自然の力と機械の力を融合した「ハイブリッドエアサイクル(HAC)住宅」の誕生
太陽の熱や風の力などの自然エネルギーで、住む人の健康と建物そのものの健康を目指すパッシブエアサイクル(PAC)住宅。日当たりや風通しの悪い都市部でも効率よく空気が流れるように、機械の力を融合させたハイブリッドエアサイクル(HAC)住宅を開発。床下や壁の中の「流れる空気」の原理はそのままに、太陽熱や風など自然の力に機械の力を融合させて、対応の幅を広げました。PAC住宅とともに、世代を超えて住み継いでいける丈夫な家、家族にも環境にもやさしい家をつくっていきます。

 

2016年  ゼロエネルギー化へ向けた家づくりへ
住宅の省エネ化が求められる時代。2020年の省エネ基準義務化にともない「断熱性が高いこと」「エネルギー消費が少ないこと(省エネ)」「エネルギーを作り出すこと(創エネ)」が必要です。 このすべての機能を、もともと兼ね備えているパッシブエアサイクル(PAC)住宅。ここに太陽光パネルを搭載し、さらなる創エネを加え、ゼロエネ基準をクリアした「クルクルZEH(ゼッチ)」を開発。

日本の四季にあわせて「衣替えができる」PAC住宅は、機械設備だけに頼ることなく、太陽の熱や風の力を最大限利用する快適なゼロエネ住宅(年間の一次消費エネルギー量の収支をプラスマイナスゼロにする住宅)です。自然エネルギーを活用するパッシブデザインと高い断熱性能、エアサイクル本来の機能が活かせる時代の到来です。

 

2017年 セミオーダーの家「エアサイクルラクーネル」 発表
じっくり時間をかけて一から家づくりを楽しむフルオーダーの家づくりに加え、セミオーダー住宅を発表。PAC工法、健康、安全、自然素材・顔の見える関係などのコンセプトはそのままに、設計期間や工期が短かく、費用を抑え、シンプルに家づくりが楽しめることが特徴です。基本となる間取りや収納計画については、女性の意見を多くとりいれ、若い世代の家事や育児にも配慮しました。

 

 

 

トップページへ戻る