会社の歩み
1977

1977

流れる空気の家づくり
誕生ストーリー

1977年 「外張り断熱住宅」の誕生
時代は省エネルギーや、省資源の真っ盛り。断熱施工そのものの不完全さから、結露、内部結露の問題が出始めた頃でした。そこで断熱材を、柱の外側に張り、内壁空洞に空気を流して、木材を”流れる空気”にふれさせようと開発を進めました。これが「外張り断熱住宅」の第一号です。
断熱材の外側に通気層を設けた、「通気工法」のさきがけとなりました。

外張り断熱通気工法の家に、さらに、夏は昼間の温度上昇を抑えるパッシブクーリングシステム、冬は空気循環(エアサイクル)の機能を加え、床下や壁の中の空気が回る『エアサイクル住宅』と命名、普及活動が始まりました。
 

1979年 外張り断熱を発展させた「パッシブエアサイクル(Passive Air Cycle)住宅」誕生
冬の昼間は太陽熱を建物に取り込みたい、でも夜は室内の熱を外へ逃したくない。夏はその反対がいい。このような断熱だけでは解決できない問題点に着目。床下と小屋換気口の開閉により、空気の流れを切り替え、『夏と冬を衣替え』できるように、空気の逆流防止弁(エアダンパー・ルーフダンパー)を設置しました。
これがパッシブエアサイクル(Passive Air Cycle)住宅です。全国のPAC住宅の入居者の家を2年間にわたって実測し、日本におけるパッシブソーラーハウスという概念を確立しました。

 

1982年 健康住宅宣言
木材を”流れる空気”に触れさせ「木造住宅を腐らせない」と建物の健康性を追求したのがPAC住宅ですが、それに加え「住む人の健康性」も温度と湿度の両面から考えました。

人の健康については、「こころの健康」と「身体の健康」、建物については「耐久性」と「耐用性」、この4つの健康性を実現した住宅をPACの健康住宅と定義しました。(図:健=人+健) 
そして設計の観点では、個室を重要視した考え方から、広がり空間の考え方を広めていきました。引き戸の良さを利用して「小さくつくって広々暮らす」考え方を推進始めたのがこの頃です。


1994年 自然素材の家づくりへ
横浜国立大学との室内空気汚染の実体調査にて、新築直後の住宅では、数十品目の化学物質が検出されますが、換気口を夏に開放したPAC住宅は一夏過ぎると「床下の毒ガス」と呼ばれる白蟻駆除剤を除いて、安全なレベルまで抜けていることが分かりました。そこで我々は薬剤による白蟻対策は一切やめる姿勢を打ち出し、自然素材を前提とする家づくりを提唱していきます。


1997年 健康・自然・エコロジーへと時代のシフト
「顔の見える関係」で家作りをしたいという思いから、フランチャイズ展開を終了し、設計から施工まで一貫した受注を開始。納得できる家づくりは、建主の顔、職人の顔、木材や使われる材料の顔、それを扱う人の顔が見えてこそのことだと考えます。


2006年 ”あなたが主役の家づくり”
間取りや工法、使う材料、デザインなど建て主の暮らし、家族関係、場所、生活スタイルや習慣、動作のクセなどにもフィットした家づくりとなるよう丁寧に作ることを軸にしました。「あなたの生活」を”細かく”反映した家づくりを実現しています。
 

2009年 「流れる空気」を大切にしたリノベーション&リフォームをスタート
PACの原点である「”流れる空気”にふれさせる」手法をスケルトンリフォーム・リノベーションにも応用。建物の耐久性を持続させ、バランスのとれた温熱環境を実現した住まい、健康で心地よい空間づくりを常に目指しています。

トップページへ戻る