PAC住宅 冬の原理

建物全ての床・壁・天井を暖める「かくれん房」

18℃から22℃が目安。家中どこもが同じ温度で暖か。

建物内すべての床面と壁面そして天井面を暖める低温輻射暖房

床下の土間コンクリートに温水を流すパイプを埋設、床下空間に床下放熱器を入れる。 ボイラーはガス、灯油、 深夜電力利用ヒートポンプ(1階面積20坪程度まで) がある。 寒冷地用として土間コンクリートにスダレヒーターを設置する方法もあります。

理想の暖房システムは、床暖房であるとよく言われますが、日本の住宅事情においては、その理想的な使われ方はほとんどされていません。

断熱性能の高い建物を前提として全ての床面に設置し、その温度を20度前後に一日中保つ使われ方が本来の姿ですが、コストの面からも、日本においては、リビングなどに部分的に使用されるため、温度も40度前後と高く使われることが多く、これでは低温輻射暖房ではなく、まるで高級ホットカーペットと言っていいくらいです。

PAC住宅の「かくれん房」システムは、床暖房の理想型を踏襲しながらそれをはるかに進化させました。

床面だけの低温輻射暖房ではなく、壁面も天井面も低温輻射暖房の装置にしてしまいました。
しかも、PAC住宅の建物全体を循環する空気を床下空間に設置された機器で暖めるだけというシンプルなスタイルで実現しました。

使われ方はご家族によって色々ですが、建物全体を簡単に18℃から24℃程度に保つことができます。 20℃程度が健康温度帯でしょう。

PAC住宅プチ動画シリーズ

PAC住宅をトータルに 知りたい方は

1977年から外張り断熱(外断熱)をベースに健康住宅・自然住宅・エコロジー住宅ひとすじ。エアサイクル住宅、外断熱(外張り断熱)、健康住宅はすべてPAC住宅から始まりました。

資料請求・お問い合わせ

PACの工法・仕様等の解説、施工実例、プラン紹介等資料をご用意しております。

 

 

外張り断熱でパッシブな健康住宅の家づくり

 

PAC住宅プチ動画シリーズ

ページのトップへ