PAC住宅 冬の原理

冬の効果 実例・尾山台の家

南面の屋根集熱通気層の効果(2003年12月10日〜12月24日)

設備機器ではなく、建築的手法で一体どれほどの太陽熱が得られるのか?

そんな疑問にお答えする一例として、尾山台の家における南面の屋根通気層において、太陽熱により暖められた空気が建物内に入ってくる空気取入口の温度を記録しました。 一日の外気と空気取入口それぞれの最低気温と最高気温を記録しています。 天候は晴れ曇り雨と様々でしたが、2週間の平均でも最高は42℃ですし、50℃台も晴天では採れています。

南面の屋根集熱通気層の効果(2003年12月10日〜12月24日)

2003年 外気 南、空気取入口
  最低 最高 最低 最高
12月10日 5.7 12.9 12.8 47.3
12月11日 4.9 6.6 10.1 15.1
12月12日 5.3 9.9 12.8 16.5
12月13日 2.7 15.6 13.2 52.3
12月14日 1.8 15.1 13.4 51.8
12月15日 4.1 13.5 12.4 48.6
12月16日 3.5 13.4 8.9 36.8
12月17日 3.3 11.0 10.4 39.2
12月18日 1.5 14.8 11.7 41.6
12月19日 6.0 15.4 10.9 45.7
12月20日 3.3 9.4 8.3 35.4
12月21日 3.3 12.8 12.4 49.7
12月22日 0.7 13.3 12.7 46.8
12月23日 2.3 16.7 15.2 51.1
12月24日 3.3 16.4 14.4 52.2
平均 3.4 13.1 12.0 42.0

PAC住宅をトータルに 知りたい方は

1977年から外張り断熱(外断熱)をベースに健康住宅・自然住宅・エコロジー住宅ひとすじ。エアサイクル住宅、外断熱(外張り断熱)、健康住宅はすべてPAC住宅から始まりました。

資料請求・お問い合わせ

PACの工法・仕様等の解説、施工実例、プラン紹介等資料をご用意しております。

 

 

外張り断熱でパッシブな健康住宅の家づくり

 

PAC住宅プチ動画シリーズ

PAC住宅プチ動画シリーズ

 

ページのトップへ