流れる空気に触れさせる

建物の断熱化が悪循環を生んだ

夏は涼しく、でも冬は寒い・・・これは昔の建物
冬は暖か、しかし夏は暑い・・・これが現代の断熱された建物

昔の断熱されていない建物は、夏は涼しかったけれども冬はとても寒かった。冬の寒さは我々現代人に耐えがたく、ひたすら暖かい建物を求めて、建物は断熱が強化され気密化がどんどん進んできた。

その結果、今度は昔の建物とは逆の悩みが生じてしまった。

冬は暖かくなったが、夏は建物の中の熱気が夜も抜けずに暑さがこもり、その結果クーラーの使用が前提となる建物になってしまった。

合わせて気密化も進んだため、建物全体の湿気も抜けず、かびやダニなどのハウスダストが増加し住まいが原因となるアレルギーが社会問題化してしまった。

そして、それを解決するために薬剤など化学物質が建材や建物内に大量にもちこまれ、こんどは化学物質過敏症とよばれるシックハウスが深刻化してきた。

それに呼応して、ごく一部の化学物質の規制と24時間機械換気が建築基準法により義務化され、問題は解決方向へと思われたが、現実は逆に、規制されない化学物質により、いまだ表面化しないシックハウスが拡大している。

これらの、悪循環のはじまりは、断熱を強化すれば全てがプラスになると錯覚したところにある。

そうした問題を予見し、「断熱の矛盾」・「断熱のジレンマ」と私たちは当初から問題提起してきました。

建物そのものが、「衣替え」すれば、そうした問題のほとんどが解決できるのではと。 そして、1979年衣替えのできる家、パッシブエアサイクル略してPAC住宅が登場しました。

断熱だけでは解決できない・・・断熱の矛盾 これを解決したのが、衣替えのできる家・・・1979年パッシブエアサイクル 略して PAC住宅誕生

PAC住宅をトータルに 知りたい方は

1977年から外張り断熱(外断熱)をベースに健康住宅・自然住宅・エコロジー住宅ひとすじ。エアサイクル住宅、外断熱(外張り断熱)、健康住宅はすべてPAC住宅から始まりました。

資料請求・お問い合わせ

PACの工法・仕様等の解説、施工実例、プラン紹介等資料をご用意しております。

 

外張り断熱でパッシブな健康住宅の家づくり

 

PAC住宅プチ動画シリーズ

ページのトップへ