佐々木正雄 Sasaki Masao

佐々木正雄

もし、生まれ変わるとしたなら。
「やっぱり、大工なのかな」

寡黙な男は、少し考えて呟いた。この道で生きて四十年になる。
「結局、大工しか出来ないのかもしれないね」

穏やかな口調だったが、ハッキリと言い切った。八月の現場、蒸し風呂のような部屋の中で、佐々木正雄は汗まみれの顔に刻まれた皺を寄せて、笑ってみせた。

エアサイクルハウジングと共に仕事をする職人の中で、もっとも永いキャリアを持つ佐々木の仕事ぶりは、多くの人から一目を置く。 もの静かで多くを語らず、ただひたすら仕事に没頭し、時として休憩することもなく夜遅くまで続け、さらに休日返上することも日常だ。
まるで求道者のようで、大丈夫なのかと心配になるくらいストイックだが、仕上がったその家は、何故だかとても温かいぬくもりを感じさせるのだという。

佐々木正雄|大工 もちろん、それはエアサイクルハウジングが依頼する大工に共通していることだが、例えば手すりにふっと触れた木の肌ざわりでさえも、とても優しい。 それは、細部にまで愛情を注いでいる証だった。 実際、佐々木の建てた家を見て、感じて、惚れ込み、一年待った施主もいたという。

こうした施主の期待を背中に受けながら、ジーンズにTシャツという、一般的な大工のイメージからは少し外れた姿で、彼はいつもラジオを流しながら、ひとりで黙々と仕事に取り組んでゆくのだった。

佐々木は、ささやかな夢を見ていた。 何組もの施主との触れ合いの中、自分がつくった家で夫婦や子供たちが喜んでいる様子は、輝いていて素敵だった。 夢いっぱいの家族の風景を、自分自身に重ねるようになっていた。 「いつかね、自分の家を建ててみたいんです」「大好きな木を、たくさん使ってね」
(職人の貌より一部抜粋 撮影/取材・文 林建次)

前のページへ戻る