尾山台に住む

シンプルでぜいたく

シンプルライフにあこがれながら、一方で最高のぜいたくを追求している。2人にとってのぜいたく、それは毎日の生活が顔の見える関係であるということ。
例えば食生活、オーガニックな野菜や穀物と魚それにワインとお酒で組立てられているが、生産している人や会社の基本姿勢を知っていたい、生産に携わっている個人を知りたい、取り扱っている人との心の交流が欲しい。
料理法も自己流ではあるが、それでも参考にする料理本の作者はこれはと思える人のものになる。調理器具も製作者の顔が見えないまでも、こだわりの歴史のある実用性の高い物を追求している。
食器となると、これは顔の見える関係はつくりやすい。事実、我家の食器はほとんどつくり手の顔が見える、それも個人的に親しい作家たちのものである。
それらの食器を収納する家具も、親しい人の製作となる。実際我家の家具は、ほとんど食器を入れるものと食事をするものである。
朝と夜、毎日の食事にかかわるもの全てが顔の見える関係でありたいと思う。もちろん、生き方の素敵なユニークな人たちの顔、顔、顔・・
その延長線に建物もある。
家づくりは、実に多くの物と人に関係してくる。そうした一つ1つ、一人1人の顔が見える、しかもきちっとした、惚れることのできる顔と関係してつくられる家づくりが2人の仕事でもある。
当然、尾山台の家もそうした顔の見える関係でつくられているぜいたくな家と言える。もちろんキンキラキンで豪華というイメージとは対極にある。本質的な所にきちっとお金をかけた家、つくり手の顔の見える材料や設備で、信頼できる職人さんたちの手でこつこつとつくられた家である。

物や情報のあふれた現代社会においてシンプルに生きることはなかなか難しい。それだけに多くの人をひきつけてやまない生き方なのだと思う。
シンプルに生きる、それは物を少なくと言う前に、心の問題なのだと思う。シンプルな心で生きれば自ずと物は少なくなるし本質的な物となっていく。
シンプルな心、言葉は簡単だがそれはどんな心?
達観した心、悟った心、迷わない心、葛藤のない心、不安のない心、喜びに満ちた心と言ったことになるのだろうか。これでは常人にはシンプルな心は望めないことになる。そうなればシンプルライフもなくなる。だからこそあこがれなのか?
と言ったことを毎日の生活、仕事の中でもテーマにしながら生きている。それが私たち2人のシンプルな生き方へのプロセスとなっている。
自分の心と素直に向き合える空間、向き合わせてくれる道具たち、一つ1つ誠実な心でつくられた空間、その中にある生活用具は、そうしたシンプルな生き方追求に大きな力を与えてくれている。
顔の見える関係の中でこそ人間は成長できる、だからこそ毎日を顔の見える人や物に囲まれて生きたいと願っている。


2004年ゴールデンウィーク 蓼科の別荘に招かれて(写真と本文はあまり関係はありません)

尾山台に住む 尾山台に住む 尾山台に住む

尾山台に住む  
尾山台に住む 尾山台に住む 尾山台に住む
前のページへ戻る