尾山台に住む

ドア

寝室からクローゼットへと眼をやる、まぶしい光がジャロジー窓から溢れている。一瞬半透明となった世界から現われたキラキラした光の粒、光の妖精がステップを踏んでいる。 コンクリートの箱の中では味わえなかった、自然との朝の挨拶、一日の生活が始まる。

ベッドの中でしばらくゆったりと時をやり過ごす。それほど広くない寝室も、アルコーブ的に続くクローゼットそして書斎コーナーが視覚的ゆとりをつくっている。
寝室から書斎コーナーを横目に洗面へ。桧の床からタイルの床へ一歩また一歩、足元に伝わる異なる感触、だんだん頭がさえてくる。

トイレ、洗顔、着替えと朝の身支度。ここまでの動線にドアは一つもない。洗面室の入り口に引戸がついているけれど、いつも開け放し状態。お客さまには個室のトイレが2階にあるが、たまたま1階のトイレを使う場合オープンではとの配慮である。
マンション時代は寝室にドア、洗面室にもドア、トイレは廊下をへだててドアという生活だった。随分とシンプルになったものだ。

我家の建具は、まず、玄関を仕切るための引戸がある。これは玄関ドアを開けたときの目隠しと外の冷たさを室内に入れない目的がある。PAC住宅では一般的なつくりだ。
ここから先が我家の特殊事情と言うことになろう。右手に寝室のドアがある。正面は水回りと仕切るドア、このドアを開けると左手は地下へ行く折れ戸、水回りの手前にもう一つ前述の引戸がある。

実は子どもたちのお留守番の為に広めにつくった玄関、こことどこまでを子どもたちの領域としてつなげるかの試行錯誤の結果、複雑となっている。

尾山台に住む 尾山台に住む 尾山台に住む 尾山台に住む

1階にはドアが2つ、引戸が2つ、
折れ戸が1つある。
引戸はいつも開放されている。
折れ戸は地下への入口。

洗面室の引戸。
ほとんど開いている。
トイレは死角になっている。

右は寝室のドア、正面もドア。
玄関を仕切る引戸は左手に引き
込まれていて見えない。

地下室への折れ戸


いざ2階へ。ドアを開けて階段下、子どもたちと毎日欠かさず行われる朝の挨拶、尾をふってそそと近づくという上品な子どもたちではない。
はげしいスキンシップの後、子どもたちと伴に上ヘあがる。リビングの様子を一望するや前夜の子どもたちの生活がうかがえる。この毎日何が起こっているかわからない状態が怖い瞬間であり、結構新鮮にわくわくするときでもある。

スキンシップの際に子どもたちの表情から体調の良し悪しは想像がつく。そして2階の惨状を見てどの子がどれほどの悪さをしてたかがわかる。
一番下のカイが何しろ手の届く物は何でも床に落としておもちゃと化す。どれだけの被害を被ったか知れない。

賢いというのは親バカなのだろうが目の前でくわえているものを「交換」と言うとすぐに離す。ただし交換条件はおやつということになる。
近頃は「交換」というと3人が揃ってやってきてお座りしておやつをねだる。うーん、これはどうも共同戦線しているな。
何はともあれいたずら盛りの子どもたちの行動を目で追いながらの慌ただしい時間。しばらくして子ども達は30分ほど散歩に出かける。その間に食事の準備。
食事中もなかなか落着いてと言う訳にはいかない、後1年ほどの辛抱と、カイの成長を心待ちしている心境である。今は、2階のワンルーム空間はドッグランと化している。

そして2階のドアはトイレ一箇所のみである。ドアがないと言うことはイコール間仕切り壁がほとんどないと言うことに他ならない。決して広くはない約17 坪の空間も壁がないから子ども達が駆け回れる、そしてゆったりと使える。もちろん自然とのふれあいも十分、風が吹抜け、太陽のぬくもりは隅々にいきわたる。

玄関を除いてドアの一つもない家、そんな家をと設計段階では検討もしたが、あらためてドアについていろいろ考えてみた。

ドア一つない空間をつくるには、単純な真四角の箱ではなく、ちょっとしたコーナー空間やアルコーブ、家具などでの仕切り、死角となるような収納スペースと考えなくてはいけないことも多い。その上で生活者のセンスが問われることになるだろう。
困るとまではいかないけれど、トイレにドアはあった方がいいかも知れない。今でもトイレのドアを開けるとカイが頭をつっこんでひと騒動ある我が家では、なおさら。
ドアを考えるとき引戸の存在を忘れてはならない。同じように個室空間をつくるための間仕切りである。

ただし、ドアと引戸の決定的な違いは開口幅の可能性にある。引戸は連続すればその枚数に応じての開口がとれる。ドアはせいぜい2枚まで。
そうした障子や襖などの引戸は、開ければ空間と空間が大きくつながる、生活のつながりイコール家族のつながりにも通じていたのかも知れない。
その点ドアは神秘的だ。かつて日本の住まいにドアはなかった。玄関さえも引戸の家がほとんどだった。
西洋からきたドアの存在が自然と家、そして家族と家族の間に壁をつくったと言ったら言い過ぎだろうか。
日本の住まいを大きく変えた要因の一つにドアの存在があると思う。壁に絵を掛ける文化と、ふすま絵を愉しむ文化の違い。外の光を軒の出や障子などで照度を調整し採り入れる文化と、人工的照明に重きをおいた文化。
そしてなにより引戸の持つ自在性に、かつての日本人の良い意味での柔軟的な姿勢がラップしてくる。

人生の大きな岐路にいくつか並んだドアが象徴として取り上げられる。一つのドアを選び進んだら、当然他のドアには入れない。入るとうしろでバタンと閉じる、後戻りはできない。重い雰囲気がドアにはある。
ドアと壁そこから中廊下ができ、これまた生活も自然の恵みも分断してしまうような現代の間取りがつくられてきた。
妙に自立心が旺盛に見えた欧米の子どもたち、夫婦や親子の間でも確立されているかに見えるマナーやルール、それが家の中にあって完全な個室をつくりうるドアと鍵の存在へと日本人の目を向けさせた。そしてもっと根底にある西洋へのあこがれが、ここまでドアを日本の住まいに侵食させてきたのだと思う。その結果が現代主流のドアと中廊下で象徴される何LDKの間取りとなった。
畳でごろごろの生活、まあるいちゃぶ台をたくさんの家族が囲ってスペースを駆使しながら食事する風景から椅子式生活の整然さはやはり大きなカルチャーショックだったのだと思う。

私たちはこれまでアンチテーゼとして何LDKの問題点を指摘し結果としてドアのマイナス面を拡大し引戸の見直しを訴えてきた。
しかし実際にはドアの良さもある。また、最近では引戸の良さを十分理解される方も多くなってきた。もはやドア対引戸といった対決姿勢ではなく、双方の良さを生かした空間づくりが自然であると思う。
必然的に、何LDK対広がり空間という教条主義的考えも終わりに近づいているのだろう。自然の恵みと家族のふれあいを豊かにする設計は、それを越えた所にある気がする。
そのささやかな提案のひとつが尾山台の家。
また、尾山台の家では壁に絵を掛けたいと思い設計をした。そうなると小さい家では引戸は難しい、引きこみスペースになる壁には何もかけられないし、何よりも壁に余白ができてこそ絵画も映える。
3人の腕白盛りの子ども達との共生で思っていた以上多くのドアや引戸になってしまったが、おかげでドアの存在を見直すチャンスとなった。子ども達に感謝。

尾山台に住む 尾山台に住む

2階の建具はトイレのドアのみ

左はトイレのドア。正面は収納扉。

前のページへ戻る