尾山台に住む

2003年冬 かくれん房使用時のデータから

PAC床下換気口とスーパー越屋根換気口を閉じて冬モードに衣替えしています。
室内側の自然換気口として利用しているスーパー越屋根換気口は冬の間ずっとOPENのままです。

かくれん房や他の暖房器具は一切使用していない時期です。

尾山台に住む

かくれん房は温水の流れる架橋ポリエチレンパイプが土間コンクリートに埋設されています。そのため、スイッチONにするとまず土間コンクリートの温度が上昇していきます。上記データはかくれん房はまだ使われていません。データは、土間表面・床下空間・1F寝室・2Fリビング・ロフト・小屋空間と垂直に温度分布を見ていますが、温度差が極めて小さく安定している様子がうかがえます。1日の最低気温と最高気温の差(日格差)も外気の変動と比べて非常に小さいことがわかります。

かくれん房ONになっています。一番低い温度で自動運転されています。

尾山台に住む

かくれん房は11月10日にスイッチONです。一番低い温度レベルで自動運転されています。土間表面の温度を25℃から30℃程度にすることが目標ですが、27℃前後とまさしくねらい通りになっています。1階・2階・ロフトとほとんど同じ温度になっています。

下のデータは、1階からロフトまで居住スペース5ヶ所の温度データです。どこに行っても同じような温度、1日の温度格差も少ないことが一目瞭然です。

尾山台に住む

11月10日の昼にかくれん房をONにしてから安定するまでの状況

尾山台に住む

かくれん房は10日の昼にスイッチが入れられたが、土間コンクリートに蓄熱される暖房形式のため暖まるのに半日から丸1日かかる。実際には12日から温度は安定し始めた。

11月10日の昼にかくれん房をONにしました。一番低い温度で自動運転にセットです。土間コンクリートが暖まるまでに半日から1日かかっています。その温度が室温に完全に反映されるまでは1日半から2日ほどかかっています。

前のページへ戻る