尾山台に住む

2003年夏を過ごして 暮らしから


前項ではデータから昨年の夏の生活を振り返ってみたが、今回は生活実感から思い起こしてみた。

とにかく蒸し暑い夏であったという感が強い。それも暑さよりは湿度の高さに悩まされたという印象である。それはこれまでのエアコン頼りのマンション生活に関係していると思える。何せ朝の食事の時間からクーラーが必要だった。クーラーなしでは汗まみれで食事の支度すらままならない状況であったし、台所は独立した空間のため食堂と合わせて2ヶ所は同時につけていた。マルチ型エアコンが2セット設置され7ヶ所でクーラーが使えるマンションであり、夜は4ヶ所位で同時に稼働していることも普通であった。
その当時からクーラーの不自然な冷たさや風は嫌であったが、その除湿能力は必要であった。とはいうもののマンション生活ではエアコンのドライ回路だけでは暑く、やはりクーラーでガンガン冷やすという使い方をせざるを得なかった。
仮住まいでは超さむーい生活だったことは報告しているが、残念ながらその50年経過した瀟洒な日本家屋での夏は経験せずに尾山台の家に6月末に移り住んだ。

引越しのバタバタがやや落ち着き始めるとともに夏を迎えることになった。8月の半ばまでエアコンを使わないと決め生活をスタートしたため、あらためて日本の高温多湿の夏をそのまま素直に体験し、クーラーなどなかった子どものころの生活も思い出されるという経験でもあった。
尾山台の家は、徹底的に日射遮蔽ができる開口部、ほとんどの開口部は防犯上も雨の侵入にも安心して開放できる、そして、オープンな間取りで風通しは抜群、さらに、床・壁・天井、下地や構造には吸放湿能力の大きい材料をとことん使用、当然ながら、床下や内壁空胴など見えない所の風通しも抜群のPAC、と建築的手法の工夫が十二分に施されている。
リビング上の吹抜けにシーリングファンとエアコン、寝室奥収納室にエアコンをつけた。井戸水利用のかくれん房の実験もしたが、前項で述べたように井戸水の温度が高く実用性はなかったのでここでは触れない。

前のページへ戻る