尾山台に住む

家中すぐに傷だらけでは?

尾山台に住む

尾山台に住む



尾山台に住む

尾山台に住む

尾山台に住む
子ども達にかまれた後サンドペーパーで磨きSオイルでふいた階段。数回やられたが、最近の被害は今の所ない。



尾山台に住む

尾山台に住む

尾山台に住む
栗板の目は多様性があり表情が豊か。その中に子ども達がつけた傷はとけ込んでしまい、味わいを増している。



尾山台に住む
キッチンカウンター腰壁の漆喰。子ども達のカリコリのイタズラにも傷1つない。

4ケ月目にはいった甲斐犬と1才半と2才の柴犬、彼女たち3人と新築住宅に住む、新築の家があっと言う間に中古住宅になるのではと心配してくれる知人も多かった。
犬たちのイタズラとは長いつきあいである。これまではポメラニアン2人とパピヨン1人、身体が小さい分、歯や爪も細く鋭い。その刃物?で椅子の脚や家具、造りつけの洗面や流しの台、果ては壁下の巾木まで、かじったりひっかいたり、椅子の脚はあっと言う間に半分の太さに、ソファのクッションで家中が雪だらけも珍しくはなかった。
今は2才半になる柴の彼女は身体が小さい分やはり歯は鋭利、特に子犬時代はソファの肘掛けなど、あっと言う間に食いちぎっていた。もう1人の柴も、穴掘り本能が色濃く残っているのか床板を掘り起こそうと時々躍起になっている。
そんな彼女たちにいたずら盛りの甲斐が加わったのだから、確かにたまらない。いくら気をつけてみても被害はなくならないと覚悟していた。
むしろ最初からそうしたことを設計要素にいれて、間取りやドッグフェンス、材料など工夫をできる限りしてみた。
柴はシモの始末は実に良い。おしっこトレーニングも即座にマスター必ず新聞紙の上で用を足す。そしてお尻も汚さない。甲斐もその日本犬の伝統を引いている、室内で共に暮らすのはどちらもベストと思っている。問題は、物をかじる・持っていくなどのイタズラ対策。床・壁そして家具は特に注意と工夫が必要と考えた。
材料選びは2つの視点から考えた。1つは傷つきにくい素材、2つに傷ついても簡単に補修できそれが味になる材料。
まずは床であるが、傷つきにくい・水濡れに強いという点からタイル、2つ目の要素から無垢の床板を選択した。玄関から洗面など水回り部分に磁器タイル、キッチン回りは土系のセラミックタイル、2階リビングは栗の無垢板、階段はタモの無垢、寝室を桧の無垢板とした。
1階のタイルは磁器タイルであるが、子ども達に違和感を感じている様子はみうけられない。傷や汚れも付きにくい。汚れは雑巾がけで簡単に落ちる。
2階のセラミックタイルは厚さ2㎝の土系で素足に気持ちいい。子ども達も気持ちよさそげに寝ころがっている。なかなかグッドである。
子ども達は現在、寝室侵入禁止となっているため、桧の床板は無傷で守られている。その分、2階の栗板の傷は相当なもの。階段の最上部踏み板は角度を失いガウディの曲面ばりに芸術的趣を加えた、これはこれで美しい。
では栗板は惨めかというと、これが又そうではない。栗板は国産の無垢材、節はないが目や色あいがバラエティに富んでいる、1枚1枚が違う表情で個性的、それでいて全体で織りなす風合いのバランスが良い。その個性の中に、子ども達のつける傷がとけ込んでしまう。傷がまったく目立たない、気にならないのだ。これは大正解だった。

どんな風に傷がつくのか、1つは大運動会・格闘技。3人で追っかけたり追っかけられたり、そのあげくの取っ組み合い。あっやめて、つい怒鳴ってしまう穴掘り。果ては何とかじっている。
穴掘りとかじりは、よーく言い聞かせて最近はほとんどないが、入居当時の傷はなかなかのもの、でも補修は簡単だった。まず、サンドペーパーで磨く、これは荒とか中、細など目を使い分ける。そしてSオイルをクロスで塗って終了。すぐに乾いて歩ける。Sオイルとは亜麻仁油系の安全な植物オイルであり、手も荒れることはない。もともと、無垢の床板はこのSオイル仕上げ、塗ると板の色は少し濃くなり、時間とともに深みを増す。サンドペーパーで元の色合いに戻りSオイルで深みを増すが時間の要素はカバーできず色ムラは避けられない。でも、気にすることはない。元来が模様も色目も変化に富んでいる、さらには時間が解決、すぐに同じような風合いになる。



走ったりひっかいたりしてできた傷は、Sオイルでさらに目立たなくなる。本当に便利、楽である。とこんなことを繰り返しながら、栗の床板はその風合いを高めていくようだ。
また3人は女の子。これまでの子ども達も犬は全員女性。我家は自然を大切にと、獣医のすすめがあっても子宮は取っていない。犬の生理は半年に1度約1ケ月続く。その結果、3人様なので1年に半年は床に血がたれる。子ども達は賢いもので、2度目からは自分でなめて始末する。そんなにドロドロになることはないのだが、追走ゲームもあり、あちこちにタラリたらり。
この間は雑巾がけは避けられない。水ぶきして大丈夫ですかとよく聞かれるが、今のところ問題はない。栗板の色つや、味わいは深くなっている。
実は寝室に入れない理由はこれである。マンション時代は2人の柴とベットを共にし4人で寝ていた。そして2人の柴が同時に生理になった時がある。ベットの上は毎朝、殺人現場さながら、血の海と言えば大げさだがその間サスペンスが続いた。この貴重な体験から、尾山台では子ども達は寝室からご遠慮ねがった。

壁は?
女の子なので壁におしっこをかけることはない。ひっかき傷とよごれに強い素材と考えた。腰壁にタイルということで、モザイク状の1枚1枚はとても小さいタイプを、やがて子ども達を開放する予定の玄関に張った。その上の壁と天井は漆喰とした。
階段室や2階は腰壁は設けずに下まで漆喰とした。ひっかき傷が心配であったが、漆喰には手で芸術的文様がつけられる手法であったので、子ども達がさらにその芸術性を高める分には、まぁいいかと思い切った。
タイル壁は当然ひっかき傷と汚れには強く、想定通りという感じである。驚きは、漆喰の壁である。前回は臭いに関して漆喰の働きに感激したばかりであるが、今回のびっくりは、傷と汚れにも強いという点である。
キッチンのカウンターの腰壁も漆喰とした。1番年下の甲斐がカウンターの上のものを奪おうとし結果漆喰の壁を毎日毎日カリカリとひっかくこととなる。もう半年以上続くが、何と傷がない。覚悟していただけに喜びは大きかった。それ以来、知人たちに聞いて回ったが漆喰壁は固く強いということ。ますます確信を深めた。
そして思いの外汚れない。これも知人たちの証言と共通だ。漆喰に飛び散った子ども達の血も意外と落ちる。日本の伝統でもある漆喰にあらためて尊敬の念が浮かんだ。ありがとう。

そして家具。
今までの手持ちの家具は神戸家具。新しくしつらえた家具は横浜家具である。
神戸家具はつき板をベースとしその精度は高く美しいウレタン塗装が施されている。一方、横浜家具は無垢素材にSオイル仕上げ、純朴でありながらセンスのいいデザインである。
子ども達との共生を考えると、その結果はあまりにもはっきりとしてしまった。神戸家具は以前にも相当に傷つけられていたので、尾山台に移す前に補修をし新品同様であった。が、数日で無惨な姿になった。十分に注意していたつもりなのだが、一瞬の隙にやられてしまった。何事も悪いことは伝播するもので新人のカイにつられて引越当日に犯行の大部分が実行された。神戸家具の見事な縁取りが部分的に食いちぎられ、ソリッドの素材がむき出しになった。椅子の脚もかみ傷だらけ。見事なウレタン塗装だけに素人には補修のすべはない。以降そのままの姿が続いている。不思議なことに、子ども達は十分に反省したらしく、その後、大規模な破壊活動を加えていない。
横浜家具は傷に強かった。傷跡にSオイルを塗るとしっとりと輝きを取り戻す。栗板と違って塗布後の色合いは他の部分と変らない。家具階段の端や食器棚の側面、椅子やテーブルの脚にかみついたりひっかいたりしたが、あっという間に修復、何も気にならない心理的にも子ども達にやさしくなれる、いい家具だなぁ。
現在、カイはあちこちの物を持ち去りおやつと交換する遊びに夢中、カイは「交換」という言葉をちゃんと覚えた。おかげで大きな傷が家具たちにつくことは少なくなった。

前のページへ戻る