尾山台に住む

シンプルな間取り

シンプルに生きたい。当然、間取りもシンプルになる。尾山台の土地に決めたと同時に間取りの原型は決まっていた。その原案と実際の住まいとはほとんど変っていない。
2002年春の休日、買物途中の車内で、どちらともなく土地を探そうかと言い出した。その直後、道路際の不動産屋に飛び込んだ。当時は、都立大学駅横のマンションに住んでいた。尾山台は目と鼻の先であったが、2人ともその地名すら知らなかった。不動産屋のお兄さんが車で自社開発中という尾山台の土地を案内してくれた。そこは環八沿いファミリーレストラン駐車場裏しかも崖下と納得できる土地ではなかった。お兄さんがついでにと周囲をぐるり回ってくれた。崖下の土地とは一変、素晴らしい住宅地がつづいている。へぇーこんな所があったのだ。
男と女そして柴犬たちと甲斐犬の暮らし
これを機に目前に迫ったゴールデンウィークに土地を決めようと2人決意。不動産屋さんも変えて大手と地元密着の2社で紹介してもらったり案内してもらった。多摩地区から城南地区を幅広く回ったが、気づいたら尾山台に戻っていた。地元密着の会社が最後に紹介してくれた土地、当時広告には載っていなかった物件である。200坪を越える土地で大きなお屋敷が残っていた。その一角なら交渉する自信があるとのこと。東南の角の高台を予算に応じて切り取れるという申し入れである。その土地から多摩川の河川敷まで徒歩10分。当時は柴の子ども達2人だけであったが、早速連れてきて多摩川まで歩いた。広々とした草地に足を踏み入れたとたん子ども達が狂喜した。これまでに見たことのない姿であった。土地の決まった瞬間である。

尾山台の家 尾山台の家

右手のこんもりと木が
茂っている場所が当時のお屋敷

多摩川の草地

不動産屋さんの交渉も見事で無事土地取得。46坪弱のかわいらしい高台の土地である。敷地延長で20メートル近くはいるため通路に10坪ほど取られてしまう建蔽率40%容積率80%の風致地区であった。そこに35坪ほどのこぢんまりした家を建てることになった。

2人の思い描いた間取りは、ほとんど一緒だった。それを少し整理して設計者にまとめてもらった。一回で基本プランは完成した。
そのコンセプトは、シンプルな生活、柴の子ども達との共生、セキュリティ。もちろん前提には、自然素材エコロジーな健康住宅PACがある。
本当は空間を仕切るドアとか引戸は一切使いたくなかった。しかし、これは無理。なぜならば我家は柴の子ども達との共生。さらに一人増える予感もあった。その3人の子ども達も家の中で自由にと思っていた、そうなると状況によって空間を仕切れる工夫がいる。そのための仕切としてドアや引戸はどう考えても必要となった。
子ども達だけで12時間の生活がある。ほとんど寝ているのだが、その場所を玄関と決めた。仮住まい以来ケージ生活に幸い慣れていた。ケージを2つ置くため広めの玄関を、と設計打合せしつつ2人の心の中では3つだよなとお互いに思っていた。
高台の眺望を活かすため逆転プランとした。玄関から寝室スペースと洗面浴室スペースにつながる。階段は玄関脇とし手すりをはさんで玄関と連なっている。二階はワンルームで、リビング・台所スペース、リビングの上にロフトがあり空間的に連通している。地下室も5坪ほど設けた。

尾山台の家 尾山台の家 尾山台の家 尾山台の家

地下室

玄関に犬たちのケージが置かれる。
1F

2階はワンルーム。
ドアもトイレにしかない。 2F

ロフト

図面でもわかるようにかなりシンプルである。2人だけの住まいであれば、すべてのドアと引戸を省略できる間取りでもある。子ども達の生活空間を考えて、1階にドアと引戸をそれぞれ2つ、2階はドア1つとそれでも最小限とし、建具の高さは天井までと開放感豊かにした。それ以外に、地下室への入口はトリックドアにしたいと何とか壁に見せようと工夫を重ねたが、結局は収納扉よろしく折れ戸となった。浴室は3枚引戸である。
引戸は玄関を仕切るものと洗面スペースを仕切るもの2つであるが、実際の生活においてはほとんど開け放されている。常時閉じられているのは寝室と2階トイレのドア、地下室への折れ戸だけである。1階のトイレは洗面室の中にあり家具で仕切られているオープンなスタイルである。2階のトイレもドアなしでも視覚に入らない設計になっている、来客や子ども達の侵入など気にならない方には参考にして欲しい。
ドアストッパーもいちいち腰をかがめては面倒なので磁石タイプとした。その結果、開閉は引戸なみの気楽さとなった。
シンプルでオープンな空間は間違いなく暮らしやすい。2人ともトイレは一階でと合い言葉のように2階はあまり使わない。どうして?、2人とも答えは同じ、「だって、ドアを開けずに入れるから」。2階は来客用のトイレとなった。
寝る時は1階2つのドアを閉めて、玄関・階段そして2階リビングを子ども達に開放する。1階は寝室と寝室脇納戸スペースそして書斎コーナーを介して洗面スペースがひとつながりになっている。洗面の引戸は開放したままである。それぞれの空間はアルコーブ的に配置されているので、どこにいても落ち着きはある。それでいて視覚的にもほぼ連なり、自在に歩けてストレスがない。真夜中のトイレもホタルスイッチの明るさだけで不自由はない。子ども達もケージの中、階段途中、リビングでとそれぞれ勝手に寝ている。朝、寝室の気配を感じ起きろコールをする。朝寝したい時は、息を殺してじっーとしていればコールの時間は遅くなる。
朝起きて2人はそれぞれの身支度をするが、その間、仕切りを開け閉めする必要のないオープン空間、単純なことだが快適な朝のスタートとなる。
家にいる時間のほとんどは2階の空間ですごす。2階の中心は、キッチン。キッチンに立つとトイレを除き、2階空間のほとんどが見渡せる。リビングの窓から外の景色までが目に飛び込む。
この家のもう一つのコンセプトは、「つくる、食べる、片づける」。まさしくキッチンが中心となる。
2階空間の豊かさは平面的広がりばかりではなく、ロフトを利用した縦空間にある。メインの食卓をキッチンとカウンター越しにつらなった空間に置いているが、その天井は約2.2メートルと通常よりも20㎝ほど低く抑えてある。食卓の端50㎝は天井からはずれ、ドーンと高い吹抜け空間に位置している。逆転プランの良さがここにある。屋根勾配にあわせて縦に大きな空間構成ができる。これにロフトをからめて、利便性ばかりでなく視覚的にも雰囲気的にも変化に富んだ居心地のいい空間をつくることができる。
さらに尾山台の家では斜線制限を利用して、北側と西側の天井の端が低く斜めに抑えられている。これがまた良い。変化と落ち着き、使い勝手の良さ、雰囲気と利便性を兼ねそなえた豊かさを与え、2階全体のオープンで大きい空間をきりりと引き締めている。
ロフトは2坪ほどであるが、家具階段で上がり、その空間はリビングと一体である。腰壁があるため下部の視線は遮られている。ここは唯一の畳の間。琉球畳を使い視覚的に広く見えるようにした。子ども達は家具階段を上れないので、ほっとする空間でもある。
この間を瞑想空間と名付けた。北側天窓の安定した光、座ると落ち着き、下を見るとダイナミックな光景が飛び込む。こうした変化と落ち着きは尾山台の家のどこに居ても得られる、シンプルにしてあきない空間がここに完成した。

尾山台の家 尾山台の家 尾山台の家 尾山台の家

地下室への入口と折れ戸

浴室は3枚の引戸

尾山台の家 尾山台の家 尾山台の家 尾山台の家

1階のトイレはオーブントイレ。
写真は浴室の中から撮っている。
浴室以外からは死角になっていて落ち着きはある。

正面は収納の開き戸。左に少し奥まってトイレのドアがある。
オープンにしていても近寄らなければ中は見えない。

尾山台の家 尾山台の家

磁石式のドアストッパー。いちいちかがまなくて済むので、引戸なみの気楽さだ。

尾山台の家 尾山台の家 尾山台の家

斜線制限のため北側の天井は斜めに下がっている。その結果、ダウンライトは手の届く位置に、天窓の掃除も椅子にのればできる、
そして、何よりも落ち着いた空間となった。

尾山台の家 尾山台の家 尾山台の家
尾山台の家

西側も斜線制限のため斜めに低く抑えられた。北側と同様に、
ダウンライトには手が届くし、ダウンライトの明かりが右上の写真のように壁にあたり、
楽しくロマンチックな雰囲気をかもしだしている。
左下の階段スペースもライティングで昼間とは違う味わいを楽しめる。

前のページへ戻る