注文住宅の事例

家族の気配が感じられる家

こだわりの我が家

川西の家(兵庫県)

定年退職を機に東京から以前住んでいた兵庫県川西市へ戻るNさんご夫婦の家の建て替えです。
お孫さんのことを話す表情がとても優しく、柔らかな印象のNさんご夫婦の住宅は、延べ床面積が24坪とコンパクトな住宅ながらも視線を遮る間仕切り壁、建具を減らすことで広がりが感じられるように設計しました。
1階は見通しが良くオープンなLDK+畳の間。
リビング上部の吹抜けによって1階と2階のオープンスペース・家事コーナーとをつながり、横方向だけでなく、縦方向の広がりが感じられる間取りとなっています。
空間の広がりによってお互いの気配が感じられ、程よい距離感を生み出しているこの住宅は、使用した無垢の床や化粧の柱などの素材感が加わりご夫婦のような「柔らか」な印象の家となっています。   
2015年4月

設計・文 泉池 広幸

こだわりの我が家

1

こだわりの我が家

2

1. 1階と2階とをつなぐリビング上の吹抜けと階段。オープンな廊下は室内物干しとしても活躍する。

2. リビングを吹抜けから見下ろす。家族の気配を伝える吹抜け。

こだわりの我が家

3

こだわりの我が家

4

3. 家の端から端まで見通せるオープンな1階。丸柱の右手がリビング、左手がダイニングとキッチン。奥には小上がりの畳の間がつながり、広がりの感じられる空間。

4. 3帖分の大きさの吹抜けによって縦方向の広がりを感じることができる。

こだわりの我が家

5

こだわりの我が家

6

こだわりの我が家

7

こだわりの我が家

8

5. リビング続きの畳の間は天井を低く抑えた落ち着いたスペース。お子さんご家族が遊びに来た時には客間となる。

6. 階段を下りると正面にリビング、右手に畳の間。明るさや人の気配に導かれ、階段の上り下りが楽しくなるデザイン。

7. 階段から2階へ。吹抜けの手摺は圧迫感がないように配慮している。

8. 南側の道路から一段上がっているため陽あたりが良い。外観は至ってシンプルで爽やかなデザイン。

Detail.1のびやかな間取り

こだわりの我が家 こだわりの我が家

極力建具などで仕切らない設計にすることで隅から隅まで見渡せる間取りとなっています。
また吹抜けによって1階と2階がつながり、お互いの気配が感じられます。
例えば東側端のキッチンで料理している奥様と西側端の畳の間で読書している御主人とが無理なく会話できる、そんな距離感です。

Detail.2床下エアコンの活用

こだわりの我が家 こだわりの我が家

今回の補助冷暖房として床下エアコンを採用しています。
ダイニングの造作カウンターの下に設置したエアコンのボックスはデスクと一体感のある仕上がりになっています。

Detail.3お手持ち家具の利用

こだわりの我が家 こだわりの我が家

寝室のスペース上、お持ちの鏡台を処分するか悩まれていたNさんご夫婦。
最終的には鏡の部分を寝室の壁に埋め込みました。
その他にも箪笥などを収納内に収められるように棚の高さを調整するなど、Nさんとの打ち合わせにより計画しています。

Detail.4様々な工夫

こだわりの我が家 こだわりの我が家 こだわりの我が家

生活にプラスアルファーを与えられる工夫。
例えば窓の取付く壁を斜めにすることで開口寸法以上の光を感じられます。
他にも壁に開口を設けて圧迫感をなくしたり、古家の解体時に土中から出てきた石を利用したアプローチも楽しいものになりました。