新築事例

海と茶室と庭  時間がゆっくり流れる家

こだわりの我が家

真鶴の家(神奈川県)

土地探しからスタートしたYさん夫婦との家づくりは真鶴港が眺望できる見晴らしの良い敷地で始まりました。
基本設計は私が当時勤務していた篠原建築設計事務所の篠原啓史が主に担当し、前面道路の高低差を利用したスキップフロアのあるプランを提案。2階の真鶴港が一望できるくつろぎの空間(LDK)と1階の茶道を嗜む奥様のための茶室と茶庭とを中二階の髙天井の玄関フロアがつなぐ、シンプルな間取りながら立体的なつながりの面白さがある空間となっています。
壁の漆喰や床の無垢の木など仕上げ材は自然素材を使用し、茶室の床柱や床框、天井板はYさんと一緒に銘木屋に行って選定。鶯色の外壁や周囲の街並みに馴染む瓦葺きの屋根、つくばいを配した茶庭などYさんのこだわりと設計者のこだわりが絡み合った住宅です。
2014年3月

設計・文 泉池 広幸

こだわりの我が家

1

こだわりの我が家

2

こだわりの我が家

3

1. 屋根勾配なりの天井と構造の柱・梁がアクセントになっているリビングダイニング。光の陰影で様々な居場所が生まれる。

2. 真鶴港に向けた巾4mの横長の大開口。窓際の造作家具は机、ベンチ、TV台、収納の機能を備える。

3. 整然と配置された食器やグラスの数々がオブジェのように見えるキッチン収納。

こだわりの我が家

4

こだわりの我が家

5

4. オーソドックスなデザインながら建具や壁の土壁などこだわりのある茶室。京間8畳のゆったりした設計となっている。

5. 茶庭が正面に見える玄関。勾配天井が2階リビングへと導いてくれる。幅3.6mの長い玄関収納も特徴の一つ。

こだわりの我が家

7

こだわりの我が家

8

こだわりの我が家

9

7. ハーフユニットを使用したさわら板張りの浴室。窓からは真鶴港が見える。

8. ウグイス色の柔らかい雰囲気の外壁と瓦屋根とが相まって落ち着いた佇まいの外観。

9. 海側の庭はデッキとタイル貼りのテラスがあり、芝生と植栽が彩りを添える。

Detail.1くつろぎの窓際

こだわりの我が家 こだわりの我が家

巾4mの大開口は大げさに言うならば映画のスクリーンのようです。漁船が行き交いカモメが波間を漂っている。時間の経過とともに違う景色を映し出すこの窓は出窓になっており、造作家具のベンチとの相乗効果で外部と適度な距離感を持たせています。

Detail.2収納の工夫

こだわりの我が家

建具なしのオープンな収納は色彩豊かに食器や小物やで彩られています。コストも抑えられ生活が楽しくなる工夫です。

Detail.3色イロ

こだわりの我が家 こだわりの我が家 こだわりの我が家

茶室の土壁、漆喰の白、床の無垢フローリングがベースになり、木のカウンターや浴室の板張り、濃いグレーの土間タイルなど自然な風合いの仕上がりとなっています。トイレの壁にはポイントで美しい緑色の漆喰イタリア磨き。その他外壁の色などYさんと打合せを重ね決定していきました。

Detail.4庭を愉しむ

こだわりの我が家 こだわりの我が家 こだわりの我が家

日当たりが良くワンちゃんが走り回る「動」の庭と白砂利につくばい、苔と紅葉であしらわれた「静」の茶庭。「動」の庭はバーベキューなど生活に楽しみを、「静」の庭は落ち着きを与えてくれます。