会社案内

ご挨拶

エアサイクルハウジング株式会社とは

東京・日本橋にある工務店です。 在来軸組工法をベースに、健康住宅のパイオニアとして1977年からパッシブソーラーの技術と流れる空気の木の家にこだわってきました。 気候風土に適した建築工法、国産無垢材や漆喰など厳選した自然素材、そして太陽熱や自然の風を使って、健康に永く暮らせる家をご提案いたします。

フルオーダーの注文住宅、自然素材を使ったリフォーム・マンションリノベーションにも幅広く対応。特にリフォーム・リノベーションでは、見えないところの流れる空気を大切にしたスケルトンリフォームが得意です。設計から工事まで、一貫してお受けします。 家づくりの主役は建て主。皆様の夢や生き方、理想のライフスタイルをカタチにできるよう、じっくり話し合い確認して行くプロセスを大切にしています。

◇対応エリア 東京、神奈川、千葉、埼玉 他、関東近県にお住まいの方はご相談ください。

会社理念 

・環境に優しく、人にも建物にも健康な家をつくる。
・家を建て、その先にある家族の暮らしをサポートする

真に環境に配慮された家とは、日本で長く住み継げる家とは、健康な暮らしとは、を真剣に考えています。そこで私たちがたどり着いたのが、パッシブエアサイクル(PAC)住宅です。

PAC住宅は、床下換気口とスーパー越屋根換気口の開閉によって、夏と冬、衣替えができる家です。日本の木の家の本質、それは四季のある日本の気候風土に適したつくりと素材。家に愛着をもって大切に住むという文化も拡げていきたいと思っています。1977年から続く流れる空気の家づくりの技術を、木の家が大好きなスタッフと職人たちと支えています。

季節が移ろう美しいこの国で、住む人にも環境にも優しい家づくりを追求し続けています。

無垢の木に包まれて過ごす四季折々の毎日。
春は、のどかに。
夏は、木陰の涼しさを。
秋は、床でうたた寝。
冬は、優しいぬくもりで。

シンプルに豊かに暮らすために。
皆様の健康な暮らしを支える一助となりますよう、
「都会で暮らす自然の家づくり」の開発・推進に誠心誠意取り組んで参る所存です。

「あなたが主役の家づくり&リフォーム」をこれからもよろしくお願いいたします。


市川小奈枝

取締役紹介

市川小奈枝

市川 小奈枝ichikawa sanae

代表取締役

1962年
東京都小金井市に生まれる
1988年
PACグループフランチャイズ本部にて健康住宅の普及活動に参画以降、常に生活者目線でパッシブソーラーハウス、気候風土に適した家づくりを提唱
2011年
エアサイクルハウジング株式会社
代表取締役社長に就任
前のページへ戻る