HOME >> 関連図書 >> プラス思考の健康住宅づくり

プラス思考の健康住宅づくり

関連図書トップページへ

冷たさのない家

「プラス思考の健康住宅づくり」1994年発行

 あたたかい家庭と聞けば、ふれあいの多い楽しい家族を思いおこします。上手につくられた広がり空間がその舞台にぴったりですね。しかし、せっかくのあたたかい家庭も、家の中が寒くては、ほのぼのムードも少し冷めるかもしれません。
 さて、今回は、家族間のこころの冷たさではなく、冬期間の、家そのものの冷たさについて考えていきましょう。

 健康な冬の住まいは、暖房の効く暖かい家ではなく、建物の中に冷たい所のできない家なのです。前章でふれられているように、冬、不健康な家とは、暖房している部屋はやたらに暖かい、そして、中廊下や使ってない部屋は冷えたままの、温度差の激しい家なのです。うっかりすると、寝室と廊下の温度差が二十度以上もあったなんて、ちっとも珍しいことではないのです。
 前章の復習になりますが、建物の中の冷たい所の害を思い出してみてください。五項目ありました。湿気の害は、この冷たい場所に発生している。冷たい廊下等と居間など暖かい所の温度差によって隙間風が生じる。脳卒中や心筋梗塞の引き金になる。腐りはじめるのは冷たい所にある木材からだ。冷たい部屋は結局普段使えなくなる、の五項目でした。

 なんと、冬の住まいの不健康さのほとんどは、建物の中の冷たい所に集中して発生しているのです。したがって、この冷たさを除去できれば、健康な住まいにぐっと近づきます。

 どのように実現したらいいか。当然、建築的手法でできる限り行うことが必要です。具体的な手法は、徐々に述べていくことにしますが、その前に、暖かさとは何か、冷たくないとはどういうことなのかを考えてみましょう。
 人が暖かく感じたり、冷たく感じたりするのは、単に気温の問題だけでなく、それ以外に、湿度や風の状態、着ているもの、じっとしているか動いているか、など様々な要素がからんできます。ここではあまり複雑に考えないで、適切な暖房温度はどの程度なのかを、考察してみましょう。
 最近では、暖房温度を設定できる機器も多くなってきましたが、皆さんは、何度程度に設定していますか。二十度ですか。二十五度。三十度ですか。たぶん人によって、ばらばらの答えが返ってくるのではないでしょうか。
それは、体感温度が人によって違う、寒がりの人も暑がりの人もいる、そして、住んでいる建物の温熱性能が違うことにも、左右されているのです。

 しかし、ここでも本質をはっきりさせるために単純化して考えてみましょう。一般的に、二十五度程度に設定している人が多いのではと思いますが、ここで、つぎの設問をしてみてください。
 もし、部屋の中の温度がすべて、二十五度になっていたとしたら、どんな感じをもつのでしょうか。暖かくて、とても快適でしょうか。暑すぎて息苦しくなるのでしょうか。それとも、暑くもなく寒くもないのでしょうか。
 二十五度は、夏ならば快適な温度と言えるのでしょうが、人の体感温度も、夏と冬とでは違うようです。冬であれば、恐らくほとんどの人は、暑すぎて、一時間も普通の生活はできないのではないでしょうか。

 それならば、なぜ、多くの家で、二十五度以上の温度設定をしても、それなりに暮らしていけるのでしょうか。ちなみに著者の事務所はコンクリートのビルの中ですが、最低でも二十八度、はなはだしくは、三十二度の高温に設定したりしています。決して、寒がりの人ばかりでなく、かなりの暑がりの人もいるのですか。

 それは、建物の中は、一定の温度ではなく、かなりのバラツキがあるからです。暖房機器の側はやたら暑く、少し離れた場所はちょうどよく、遠くは寒いという状態です。
 建物の温熱性能と暖房システムの悪さといえます。次に、もし建物の中が一定温度になるような家があったとしたら、何度程度で健康に暮らせるものなのでしょうか。
 朝起きた時が十度以上で、昼間が十八から二十度位なのです。平均すれば十五度程度のことです。
 皆さんが思われるよりは、ずいぶんと低い温度ではありませんか。
 こう考えてくると、建築的手法で、建物の中に冷たい所をなくす家は、健康面にいいばかりでなく、ずいぶんと省エネルギーなことにも、お気づきになりませんか。
 大ざっぱに平均すれば、十五度程度に暖める程度でいいのですから。
 さらに、積極的に自然のエネルギーをとりこめる工夫ができれば、暖房もほとんどしなくていいようになることも、決して夢とは言い切れないのです。
 建物の中の冷たい所を、建築的手法つまり間取りや工法、窓の工夫で取り除くことが健康な住まいの第一歩です。