HOME >> 関連図書 >> プラス思考の健康住宅づくり

プラス思考の健康住宅づくり

関連図書トップページへ

夏、二つの風通し

「プラス思考の健康住宅づくり」1994年発行

 夏の健康な住まい。それは、最低限クーラーなしでも、夜、寝ることができると言うことでしょう。ここでは設備機器に頼らないで、建築的手法で、涼しく暮らせる方法を考えてみます。
 それは単純なことですが、十分な風通しをはかることしか道はないでしょう。しかし、残念ながら、現在の住宅は、これまでに何度もふれてきました様に、間取りや工法の変遷で、すっかり風通しが悪くなってしまいました。その結果、夏は暑い住まいになり、湿気にも弱くなってしまったのです。
 やはり、風通しは、日本の住まいの一大原則なのです。この風通しを、現代の家づくりにどのように復活したらいいでしょうか。
 PACは、二つの風通しを実現しました。一つは、間取りによるものです。現代の定型間取りである何LDKは、個室、中廊下やドアで、家族の心の風通しである、自然なふれあいを遠ざけたばかりでなく、実際の風通しも分断してしまいました。

  PACの提唱する広がり空間は、固定された個室を基本的になくしていく可変型の間取りですから、抜群に、風通しの良い間取りです。
 しかも、平面的な風通し、たとえば南の窓から北の窓へと抜けていく通風ばかりでなく、垂直の風通しも、実現しています。居間の上に吹抜けを設けて、一階と二階の生活をつなぐのが原則ですから、人の交流ばかりでなく、風も一階から二階へと吹抜けを通り、縦に流れていきます。
 この縦の風の道が確保されていますので、隣家や間取りの都合で、北側の窓が閉じられたままだったり、小さくしか設けられないとしても、十分な風通しが確保されます。
 しかも縦型の気流は、温度差でも生じますので、無風の時間帯でも流れる良さがあります。広がり空間は、間取りの上でも、平面的な風通しと縦型の立体的風通しの二つがあると言えます。

 これにより、室内の湿気や汚染物質等は抜けていきます。しかし、風通しによる涼しさはと、考えるとどうでしょうか。昔のように、夜、網戸で窓を開け放して寝ることができれば最高ですが、防犯上も戸締りをきちっとしなくてはいけない世の中になってしまいました。

 また、真夏の暑い日は、朝の十時頃から、三十度を超えてしまうことは、ざらにあります。そんな日は、部屋の中もすぐに暑くなってしまいます。どうも、室内の風通しだけでは、暑さを防ぐことは難しいようです。
 湿気がこもれば、様々な害が発生することも、さんざん述べてきましたが、この湿気も室内にこもるだけではありません。前のテーマで、見えない所が健康の決め手と、お話ししてきましたように、床下空間や小屋空間、内壁空洞があります。
 しかも、土台や柱、梁などの大切な構造材が、この見えない空間に存在しているのです。この見えない空間に発生する湿気にも対処をしていかないと、知らない間に、湿気の害が拡大することになります。

 従って、この見えない所の風通しが、健康な住まいの決め手になります。この重要な見えない所は、下から順番に言いますと、床下空間、一階の内壁空洞、一・二階のふところ空間、二階の内壁空洞、小屋空間のひとつながりに連通した躯体内空間のことです。
 衣替えのできる家で述べましたが、PACは夏期、およそ四月から十月は、床下や棟などの換気口を開放しますので、外気が、このひとつながりに連通した躯体内空間を、縦に流れていきます。
 この見えない空間を流れていく空気が、夏期の住まいの健康を大いに増進します。当然、この大事な空間に発生した湿気は、簡単に外に排出されてしまいます。

 もうひとつのポイントは、見えない空間は戸締りがいらないということです。したがって、夜も空気が流れています。
 夜の空気は熱帯夜でもない限りは、二十二、三度程度でしょう。この夜間冷気が涼しさのもとです。
 床下空間や内壁空洞等の見えない空間は室内の周りを取り囲んでいますから、室内の熱気を壁面や床面、天井面から奪い、夜寝る時の涼しさをもたらします。
 実際のPACは、暑い日でも昼過ぎまでその涼しさが続きます。それは、夜間の冷たい熱を、蓄えておく蓄熱機能があるからです。簡単に言うと、熱は重たい物質に蓄えられます。建物の中では、コンクリートなどです。基礎や土間のコンクリートが、この見えない空間に存在するのは、できすぎた話でしょうか。この蓄熱性能を一層高めて、夜、涼しかった翌日は一日中暑くない住まいが実現するのもそう遠くないでしょう。

 もちろん、西陽を室内に入れない工夫、生活のしかたは、当然の前提になります。健康な住まいは、お住まいになる方の暮らし方にも大きく影響されるのですから。