HOME >> 関連図書 >> プラス思考の健康住宅づくり

プラス思考の健康住宅づくり

関連図書トップページへ

夜になっても涼しくならない現代の家

「プラス思考の健康住宅づくり」1994年発行

 現代の住まいの夏の問題は、夜寝る時でさえクーラーを必要とするということではないだろうか。夏の冷たさを自然の中に求めるのはとても難しい。でも唯一自然の冷たさが得られるのは、実は夜間の冷気なのである。どんなに昼間温度が上がっても、夜間はほとんど二十五度をこえることはない。二十五度より下がらない日を熱帯夜というが、ひと夏でいく日もない。 
 特に都心でなければ意外と夜は冷えるはず。この冷たさを生かせたなら、少なくとも夜寝る時のクーラーは必要なくなるはずである。
 例えばマンションなどのような建物は、昼間の熱気が建物全体に蓄えられてしまって、夜になってもコンクリートの壁が熱をもっている。だからどうしてもクーラーが必要となってしまう。 

 何故現代の住宅が夜になっても涼しくならないのか。一つには断熱されていることが挙げられる。今の住まいはほとんど断熱されている。その断熱の仕方も床・壁・天井と室内をつつみこむかたちで行われるのが一般的になっている。断熱の考え方は冬を考えて生まれた。室内で暖房した熱が外へ逃げないようにと言う為のものだった。

 住まいの難しさは、夏涼しい家をつくると冬寒くなり、冬暖かい家をつくると夏暑くなるということだ。そして今の住まいは間違いなく冬向きの家になってきている。
 断熱で包まれた室内は、昼間の熱気が逃げないばかりか夜の冷たさを取り入れることもできなくなってしまった。
 昔の住まいが、夕方や夜になると外の涼しさにいち早く追随できたのは、室内の風通しが良かったことも、もちろんその理由の一つだけれど、もっとも大きな理由は、室内の回りが断熱されていなかったことに他ならない。
 外の冷たい熱まで断ってしまった。この完成してしまったら見えない所、壁の中等が、健康という視点で建物を見た時の決め手となるのである。

 外観や室内のお化粧だけでは絶対に健康になれない、建物のチェックポイントだ。もう一つ、その理由をあげるとすれば、今の住宅にはほとんど機能するような小屋換気口がついていないということである。全くついていない住宅もある 熱い空気は自然と上に集ってくる。その熱い空気を抜いてやるための換気口がなければ、当然暑い家になる。

 屋根のできるだけ高い所に換気口はつけたい。越屋根といって屋根の上に昔の煙出しのような小さな屋根のついている家がある、あるいは屋根の棟の部分、そうしたところにつけてあれば最高だろう。
 なのに何故換気口のない家が多いかと言うと、雨が入り込んでしまうのを恐れてのことである。雨もりは家をつくる立場から見れば最も避けたいこと。だから換気口をつけたとしても軒天井、屋根の軒裏の部分につけられているのがせいぜい。二階の天井付近にあたるような低い位置につけても熱い空気は抜けない。

 そのために家を犠牲にしてしまっている。熱い空気、湿気を含んだ空気がこもっていれば、木にとっては腐りということにもつながってくるからである。一階より二階が暑いというのを良く耳にするのは実はこのため。しかも寝室はだいたい二階にある。そうすると小屋空間の暑い熱が天井面を暖め、輻射で室内が暑くなる。そうすると、寝る時クーラーが必要になってしまうのである。夫婦の寝室、子供部屋へと、結局二階だけでも二台とか三台必要になってしまう。一晩中クーラーをつけて寝た時の、身体のだるさは恐らく誰もが経験していることで、できるならせめて夜は使いたくないと思っているのが事実ではないだろうか。 

 最後に、熱気と言うことと同時に生活の中で発生する湿気について考えてみたい。熱気があって湿気があったらそれこそやりきれない。しかも窓を開けない生活、開けても思うように風の抜けない現代の間取り。かなり意識して生活しないと危険である。
 調理の煮たきや洗濯物を室内で干せば室内に湿気を出すことはわかっている。しかし、衣類の乾燥器が衣類のもっている水分の半分程の湿気を室内に出している、あるいは観葉植物、金魚や熱帯魚の水槽が、結構な湿気の発生源であるということは意外と気付かずに生活してしまっていないだろうか。

 見えない所、壁の中は重要と言っているが、実はこうした室内で発生した湿気も壁の中に入っていく。壁の中は断熱されていて、湿気の逃げ道がない。
 施工中だって雨が降れば木材や壁の断熱材が濡れてしまう。完成してから、昔の住まいのように壁の中が空洞になっていれば徐々に抜けるが、一度入った湿気はそのまま、さらに生活の中から発生する湿気も加わる。壁の中、そして小屋空間の熱気や湿気を抜く工夫をしない限り、昼も夜も暑い家からは脱皮できそうもない。